お肉を加えてボリュームたっぷり!暑い日に食べたいサラダのレシピ3選

暑い日が続くと食欲が湧かないし、でもしっかり食べないと夏バテしてしまう!そんな時のお助けメニューはさっぱり食べられるサラダ。栄養満点サラダをしっかり食べて暑い日々を乗り切りましょう♪

2019年6月19日 更新

暑い日はサラダしか食べたくない!

暑い日は食欲がなくなりますよね。揚げ物や炒め物や照り焼きなんて食べられる気がしない!でも、タンパク質やビタミンをしっかり取らないと夏バテになってしまう。

そんな時のごはんは、お肉が入ったボリューム満点のサラダがぴったりです。

サラダのおすすめレシピ 3選

棒棒鶏サラダ

カットしたトマトときゅうりを並べ、茹でて食べやすい大きさに割いたささみを上に乗せた棒棒鶏サラダ。

ささみは低カロリーな上に、良質なタンパク質をしっかり摂取することができます。

ささみを茹でる時は余熱で

ささみは脂肪分が少ない分、普通に茹でてしまうとパサパサの仕上がりに。やわらかく仕上げるためには余熱で火を通すのが鉄則です。

お湯を沸騰させたら火を止めて、ささみを入れて蓋をします。そのまま30分ほど放置すると、柔らかくてジューシーなささみになりますよ。

フライパンや浅めの鍋などはお湯がすぐ冷めてしまい、ささみの中まで熱が伝わらないので、やや深めの鍋がおすすめです。

棒棒鶏サラダのレシピ動画

棒棒鶏サラダを作る動画を投稿しているので、よかったらのぞいてみてくださいね↓

冷しゃぶサラダ

続いて、冷しゃぶサラダ。豚肉はタンパク質はもちろん、ビタミンB群が豊富なので夏バテ対策にもぴったりです。

茹でることで、豚肉の脂質が大幅カットされるのもうれしいポイント。

豚肉を茹でる時も余熱で

ささみと同じく、豚肉も火にかけて茹でてしまうと縮んで固くなってしまいます。また、しゃぶしゃぶ用の豚肉は薄いので、沸騰させてから火を止めると、余熱でも熱が通り過ぎてしまいます。

沸騰する少し前くらいに火を止め、1枚1枚肉を丁寧にはがしてから鍋に入れて、じっくり低温で火を通しましょう。

豚肉の色が、ピンク色から完全に白色になったらOKです。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

israbonita

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう