賢く長持ち!そうめんの上手な保存方法&ゆで置きのコツ

手軽でおいしい夏の人気食材「そうめん」。おうちにたっぷりストックしておいたはずが、食べきれず余ってしまったなんて経験はありませんか?今回はそうめんの賞味期限や、上手な保存方法、ゆで置きのコツをご紹介します。

2019年4月28日 更新

そうめんの賞味期限ってどのくらい?

乾麺タイプの場合

定番の乾麺タイプのそうめんはとても日持ちのする食材で、未開封であれば2〜3年保存できます。ただこれは未開封で正しく保管された状態の日持ちなので、開封後保存状態が悪いと、ほかの食品のにおいがついたり、湿度が原因でカビたり、虫が湧く可能性も。

そうめんを長持ちさせる上手な保存方法については、次の項目で詳しくご紹介します。

半生や生タイプの場合

半生や生タイプのそうめんは乾麺に比べるとぐっと賞味期限が短くなり、未開封の半生タイプで2~3ヶ月、未開封の生タイプで1ヶ月ほどの日持ちとなります。

流通が少ないこれらのタイプは作りたてに近い状態で販売されているので、開封後おいしく味わうなら、できるだけ早めに食べきるようにしましょう。

おいしさキープ!そうめんの上手な保存方法

乾麺タイプの場合

乾麺タイプはとても日持ちがするとご紹介しましたが、それは水分量が低いため。つまり湿度の高い場所に置いておくと水分を吸ってしまい、傷むのが早くなってしまいます。常温保存する場合は床下やシンク下などを避け、風通しのいい乾燥した場所、もしくは冷蔵庫に保管しましょう

木箱入りのそうめんはそのままの状態でもOKですが、密封袋や保存容器などに乾燥剤と入れておくとより効果的です。そうめんは香りがつきやすい食品でもあるので、密封して保管することで匂いうつりを防ぐ効果もあります。

半生や生タイプの場合

半生や生タイプのそうめんは常温ではなく、必ず冷蔵庫で保存してください。パッケージにある賞味期限は未開封の状態なので、開封後はできるだけ早く食べ切りましょう。

乾麺タイプは湿気を防ぐのがポイントでしたが、半生や生タイプの場合は乾燥するとパサついた食感になってしまいます。乾燥を防ぐために密封袋に入れてから冷蔵庫で保存してください。

ゆでてから保存する方法も!

夏場は火を使うのが面倒なので、すぐに食べられるようにゆで置き保存できるのかが気になりますよね。乾麺タイプは2〜3年保存できますが、冷蔵・冷凍問わず、ゆでると急激に賞味期限が短くなります

来シーズンまで残しておきたいものは乾麺の状態で保存、翌日や翌週の分を作り置きしたい場合はゆで置き保存を取り入れるなどして、うまく使い分けすることが大切です。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう