冷凍OK!便利でおいしい「いももち」の作り方

もはや居酒屋メニューや冷凍食品の定番!北海道のソウルフード的ないももちを手作りしてみませんか?作り方はシンプルでまとめて作って冷凍保存もできますよ。今回は、基本の作り方と冷凍・解凍方法に加えてアレンジレシピ3選をご紹介します。冷凍庫のスペースがあったらぜひお試しを♪

2019年4月28日 更新

いももちの人気アレンジレシピ3選

1. もちもちとろ〜っ!「照り照りカマンベールいももち」

紺色のお皿に盛られた三角の照り照りカマンベールいももち

Photo by macaroni

見た目の照りとツヤ!かわいいおむすびのようなフォルムは、手づかみで食べたくなります。なかにはたっぷりのカマンベールチーズが隠れている和洋折衷な味わい。とろ〜りとろけ出すチーズがいももちがよりしっとりと味わえます。

2. 香ばしアレンジ!「焼きもろこしのバター醤油いももち」

木のプレートの上に焼きもろこしのバター醤油いももち

Photo by macaroni

しっとりいももちに、コーンの甘さと食感……この時点で好きな方も多いはず。さらにバター醤油仕立てです!食べる前からおいしさが伝わる組み合わせのいももちは、とうもろこしのシーズンにたっぷり味わいたいですね。

3. 桜えびがふんわり香る!「レンジで簡単な桃色いももち」

長方形のお皿に並べられたレンジで簡単な桃色いももち

Photo by macaroni

まるで桜餅のような、ほんのりピンクのいももちは桜えび入りの生地がポイント!見た目の色合いのかわいさと桜えびの風味のなかに大葉や長ネギがアクセントのいももちです。

隠れたチーズがとろけ出す食感は子どもから大人までやみつきになりますよ。お酒のおつまみに柚子胡椒を添えるのもおすすめです。

まとめ

もっちもちな食感は、子どもから大人までみんなの人気者ですよね。普段の食卓からお弁当まで使えるいももちは、和食にも洋食にも合わせやすく、おやつ代わりにもなる万能なひと品です。

基本のいももちの感触を覚えれば、さつまいもでも応用できます。仕上げのタレを変えたりグラタン風に仕上げるのもおすすめです。お気に入りのアレンジ探ししてみませんか♪

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

MARI_kitchen

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう