ライター : 永吉 みねこ

管理栄養士

大学卒業後、大手CVSにて商品開発を担当し独立。現在は忙しい女性を献立ストレスから解放!をテーマとした時短料理教室主催し、栄養カウンセリングや料理教室開業コンサルも実施していま…もっとみる

南蛮味噌の基本レシピ

Photo by Mineko Ngayoshi

南蛮味噌とは、青唐辛子と味噌を炒め煮にしたもの。ごはんのお供にはもちろん、いろいろな料理にアレンジもできますよ。基本調味料で青唐辛子を炒め煮にするだけでOK。とても簡単な作り方をご紹介します。

材料(4人分)

Photo by Mineko Ngayoshi

コツ・ポイント

  1. 味噌や砂糖など焦げやすい調味料を使います。調味料を入れたら焦げないように注意しながら、弱火でじっくりと炒め煮しましょう。しっかり混ぜながら火を入れるのがポイントです。

作り方

南蛮味噌のおいしい食べ方と使い方

もっともシンプルな食べ方。ごはんにのせる

南蛮味噌の味わいをダイレクトに堪能するなら、炊き立て熱々のごはんにのせて、食べるのがもっともおすすめです。唐辛子の辛さと味噌のしょっぱさ、ほのかな甘味が、ごはん本来のおいしさを際立たせてくれます。

簡単にランチを済ませたい、おかずがないというときでも、南蛮味噌があればそれで十分。味噌汁や漬け物などを添えるだけで、ごはんがいくらでも食べられますよ。

食べ出したら止まらない。焼きおにぎりに塗る

南蛮味噌がごはんに合うなら、おにぎりに合わないはずがありません。中に具として詰めたり、ごはんに混ぜたりしても良いですが、表面に南蛮味噌を塗って、焼きおにぎりにするのが一番のおすすめ。焼けた味噌の香ばしい風味が、一段と食欲をそそります。

ただし塗りすぎると、かなり辛いので注意が必要です。辛さに弱い人や子どもには、量を加減してあげてください。

ピリ辛がおつまみによく合う。冷や奴にのせる

南蛮味噌のピリッとした辛さと味噌の塩気、香ばしさがお酒によく合います。日本酒好きには、そのまま舐めるだけでも、お酒がいくらでも飲めるという酒豪もいるほど。さすがにそこまでしなくても、おつまみに使うのも良いですね。

手軽なところでは、冷や奴にかけるしょうゆの代わりに、南蛮味噌をのせるがおすすめ。刻みねぎやみょうがなどをトッピングすると、味の変化を楽しめて、さらにおいしいですよ。

料理やソース、ディップに。味付けにも使える

南蛮味噌は、料理の味付けにも使える万能調味料です。味噌がベースなので和食に合うのはもちろんですが、中華料理に使っても意外といけます。とくに味噌炒めや味噌煮込みなどに使用すると、ピリッとした辛さが良いアクセントに。

変わったところでは、タコスの具材の調味料にしたり、トルティーヤにつけるディップの隠し味にしたりしてもOK。和食からエスニック料理まで、さまざまな用途に活用できます。

編集部のおすすめ