ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

沖縄料理「ミミガー」とは

ミミガーは沖縄の方言で「豚の耳」を指す言葉であり、このミミガーを使った沖縄料理そのものも、ミミガーと呼ばれます。豚の耳を火であぶることで表皮の毛を処理し、ゆでたり蒸したりして、細切りにしてから使うのが一般的です。 軟骨のコリコリとした食感が人気で、ポン酢や酢味噌、辛みそやピーナッツバターを使った和え物が代表的なお料理。お酒のアテとしても相性抜群ですよ♪ 沖縄では土産物店などでも売られていますが、一般的なスーパーや市場にも並ぶなど、地元の方にとっては身近な食材であり、料理なんです。

ミミガーの栄養素

コラーゲンがとっても豊富!

コラーゲンが豊富と聞けば、気になる方も多いはず。ミミガーは、そのほとんどが皮と軟骨で、コラーゲンを豊富に含む食材として有名なんです。コラーゲンはたんぱく質の一種。ミミガーにはこのたんぱく質が、100gあたり15.5gも含まれます。女性にもぜひ注目していただきたい食材ですよ。

気になるカロリーは?

ぷるんとしたゼラチン質の部分が多いので、カロリーが高めかと思いきや、ミミガーはとってもヘルシーなお食材です。100g当たりのエネルギーは225kcal、ひとりで食べる分なら小鉢1杯の20gで45kcalですよ。

おつまみに最適!ミミガーのおすすめレシピ5選

1. ミミガーの辛ピーナッツ和え

沖縄料理にはピーナッツバターを使ったものがたくさん♪ 郷土料理でも有名なジーマーミー豆腐でも使われますよね。ミミガーのピーナッツバター和えも定番のひとつです。ピーナッツクリームをベースに、豆板醤を加えてピリ辛に仕上げてみましょう。

2. ミミガーと胡瓜のあえもの

ミミガーと同じく、食感のいいきゅうりと和えたひと皿です。豆板醤で辛みの効いた旨みを加え、ごま油で香り高く仕上げますよ。砂糖の代わりに水あめを使うことでコクがプラスされるので、ぜひ使うのがおすすめですよ。

3. ミミガー胡麻塩和え

しっかりとした味付けのもののほか、塩・ごま・ごま油だけで作るシンプルなひと皿もいかがでしょうか。シャキシャキとした水菜と合わせれば、食感も楽しいひと品に♪ いりごまを使うことで香ばしさもアップします。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS