ライター : 4575

子育てフードライター

「スイートスプリング」とは

上田温州とはっさくの交配種

スイートスプリングは温州みかんの品種である上田温州とはっさくを交配した交雑種です。果皮は黄色やオレンジ色ですが、シーズン初頭は緑色が残ったものもあります。

果肉はみかんのように濃いオレンジ色で果汁が多く、とてもジューシー。はっさくのように実にはっきりとした食感があります。大きさは直径7cm前後で重さは250gほど。果皮の表面はザラついていて、厚く硬いのが特徴です。

生産量が少ないためとても希少

スイートスプリングの栽培面積は2017年時点で約54ha、年間の出荷量は約525t。同年の温州みかんの収穫量約74万tに比べると、かなり量が少なく希少です。

熊本県や鹿児島県、宮崎県など、みかんの産地としても知られる九州地方で多く栽培されています。そのほとんどが地元で消費されてしまうので、一般市場にはほとんど出回りません。もし見つけた際は、ぜひ購入してみてくださいね。(※1,2)

旬と出回り時期

スイートスプリングの収穫は11月初旬~1月頃。収穫後追熟させるため、市場に出回るのは11月下旬頃。2月頃までがおいしい時期です。直売所なら、シーズン初頭のものも早めにゲットできるかもしれませんね。

スイートスプリングの味の特徴

爽やかな甘い香り

名前の由来ともなったのが、その特徴的な爽やかな香りと上品な甘味です。甘くて爽やかな春の風を思わせる、スイートスプリング。とても風味のよい果物ですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ