浄化のハーブ「ホワイトセージ」とは?特徴からスマッジング方法、注意点まで 

食用ハーブに「セージ」がありますが、ホワイトセージはそれとは別のもの。食べるのではなく、部屋やパワーストーンを浄化するために使われるんです。では、ホワイトセージを使ってどのように浄化(スマッジング)するのか紹介します。

2019年4月11日 更新

浄化したいものを煙にかざす

お皿の上に煙の立ち上るホワイトセージの葉を置いたら、浄化したいもの(パワーストーンなど)を煙にかざします。数十秒程度でOKです。 部屋全体を浄化する場合は、お皿を手に持って部屋の中を歩いてまわります。

終わったら空気を入れ替える

部屋全体を浄化したら、窓を開けて空気を入れ替えましょう。また、部屋をまわる際、最近は部屋に火災報知器が設置されているので、報知器が鳴らないように注意しましょう。

スマッジングするときの注意点

火の扱いに注意

スマッジングに使ったホワイトセージは、自然と鎮火するまで待ちますが、火がちゃんと消えたかどうか十分に確認し、火の後始末には注意を払ってください。 煙が出ているだけで火はついていないかもしれませんが、それでも火災の危険性はありますし、煙が充満すると火災報知器が鳴ることがあります。適宜換気をしながら行いましょう。

耐熱性のあるお皿を使用する

煙が出るホワイトセージを置く皿にも注意しましょう。火はあおいで消してあるとはいえ、プラスチックなど熱に弱いお皿は避けましょう。耐熱皿を使用すると安心です。

湿気は厳禁

スマッジングに使うホワイトセージは天日干しで乾燥させてありますが、大量に買ってちょっとずつ使っていると、湿気で火がつきにくくなるといったことがあります。それでもすぐに使いたい場合は電子レンジでちょっと温めると水分を飛ばすことができます。 大容量のホワイトセージを保管する際、一緒に乾燥剤を入れると湿気を防ぐことができます。また、使う前に天日干ししておくのもいいでしょう。

ホワイトセージの入手方法

ホワイトセージは天然石などの浄化に用いられることから、パワーストーン専門店で販売されていることが多いです。また、ハーブ専門店でも販売されています。 自分で栽培する方法もありますので、一からスマッジング用のホワイトセージを準備してみたい、と思う方はホワイトセージの苗を買ってみてください。原産地はアメリカですが、日本でも育てることは可能です。
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS