ライター : SATTO

グルメライター

おいしい食べ物とお酒が大好きな、東北出身のグルメライター。みなさんに、たくさんの素敵な情報をお届けします♪

ホワイトセージってどんなハーブ?

※画像はイメージです
ホワイトセージは、食用のハーブであるセージとは違うものです。その名の通り真っ白な葉で、独特の爽やかな香りが特徴的なサルビア属のハーブです。天日干しをして乾燥させたホワイトセージを浄化に使用します。

ホワイトセージの花言葉

ホワイトセージの花言葉は「尊敬」「家族愛」です。

「sage(セージ)」という英語には、「賢い」「賢人」という意味があるため、「尊敬」の花言葉はこの意味から生まれたものとされています。

「家族愛」については、ホワイトセージを家庭で栽培し、家族の健康のために薬として用いたことから生まれたようです。

浄化に使われていたホワイトセージの歴史

ホワイトセージは、古来からネイティブアメリカンの人々が、儀式や祈りの場で用いてきた神聖なハーブです。そのほか、薬としても用いられていました。なんと、1,000年以上も前から使われてきたのだとか。

そもそもホワイトセージの原産地は、アメリカのカリフォルニア州。もともとこの地に暮らしていたのはネイティブアメリカンですから、ホワイトセージをいち早く見つけて用いたのも当然のことですね。

彼らは自然に存在するもの(大地や水、火、風など)を敬愛し、自然と共存していました。ホワイトセージはアメリカの大自然で育った天然ハーブなので、彼らはそれを「聖なるハーブ」と呼び、儀式や祈りの場で用いたのです。

儀式ではスマッジング(浄化)をするために、ホワイトハーブに火をつけていぶし、けがれを払ったといわれています。

ホワイトセージのスマッジング(浄化)方法

ホワイトセージを使ったスマッジングは、現代でもおこなわれています。例えば、パワーストーンやアクセサリーなどの浄化、部屋の空気の浄化、ヨガや瞑想の場の浄化など。

ネイティブアメリカンがけがれを払うために用いたように、私たちも気分が落ち込んでいるときや、ストレスを解消したいときなどに、ホワイトセージを使ってスマッジングをすると、気分を和らげるのに役立ちそうですね。

スマッジングの手順

スマッジングで必要なものは、ホワイトセージ、耐熱皿やシェル(貝殻)、もしくは香皿です。

ネイティブアメリカンは四大要素である「水・地・火・風」をスマッジングにも当てはめています。

ホワイトセージには火をつけるので、「水」が登場するのは「あれ?」と思いますよね。彼らはアバロンという貝の殻を皿として用いました。貝は水の中にあるものですから、これが「水」を表わします。そして大地になるホワイトセージが「地」、それを燃やす「火」、火を消して煙をあおぐ「風」で構成されます。

1. 火をつける

ホワイトセージに火をつけ、ちょっと燃えたら手であおいで火を消しましょう。ホワイトセージでのスマッジングに必要なのは煙なので、ずっと火をつけておく必要はありません。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ