白だしと卵の黄金比

卵1個に対する分量は、白だし小さじ1、水小さじ2、お砂糖小さじ1です。 この配合を守れば、お弁当用に卵2個で小さい出し巻き卵を作ったり、晩ごはんのおかずに卵3個で大きな出し巻き卵を作ったりだって大丈夫です♪ 【卵2個の場合】 白だし小さじ2、水小さじ4、(お砂糖小さじ2) 【卵3個の場合】 白だし大さじ1、水大さじ2、(お砂糖大さじ1)

アレンジいろいろ!白だしで作る出し巻き卵レシピ5選

1. 冷凍や作り置きも!白だしの出し巻き卵

ふんわり食感と、白だしのやさしい味わいの出し巻き卵です。レシピによると、冷蔵庫で2日、冷凍庫で3週間保存できるそう。時間があるときに作っておけば、晩ごはんのおかずやお酒のおつまみ、お弁当のおかずと大活躍しますよ。

2. マヨネーズ入り!白だしの出し巻き卵

卵液にマヨネーズを加えることがポイント。マヨネーズのパワーで、ふんわりふわふわ食感&きれいなたまご色に仕上がります。マヨネーズには、冷めてもかたくなりにくく、やわらかさをキープしてくれる効果もあるので、お弁当にもぴったりの出し巻き卵です。

3. 片栗粉マジック!白だしの出し巻き卵

卵液に出汁を多く加えると、ふんわりジューシーな出し巻き卵に仕上がりますが、やわらかくて巻くのがむずかしいです。こちらのレシピは、卵液に片栗粉を加えることで、出汁が多くても作りやすくしていますよ。ひと口食べるとお出汁がじゅわっとあふれる出し巻き卵を召し上がれ♪

4. ひじき煮入り♪ 甘めの出し巻き卵

残っているひじきの煮物は、出し巻き卵にリメイクしましょう!お砂糖が多めの甘い卵に、ひじきの煮物のうま味がよく合います。しっかりとうま味があるので、ごはんのおかずやお酒のおつまみにもGood!一度食べると、この出し巻き卵のために、ひじきの煮物を作りたくなりそうです♪

5. 桜えびとアスパラの出し巻き卵

桜えびの華やかな赤色と、アスパラの鮮やかな緑色が、卵の黄色にとても映えますね。見た目もとても美しくて、食卓をパッと明るくしてくれる出し巻き卵です。もちろん味も絶品!桜えびのよい香りと、アスパラのシャキシャキ感が食欲をそそりますよ。

特集

FEATURE CONTENTS