有名店の味を再現!?「究極のスフレチーズケーキ」の作り方

チーズケーキにもいろいろ種類がありますが、スフレチーズケーキのしゅわっと溶け行く儚い口どけは高い人気を誇ります。「有名店のあの焼きたての味が家で食べられたらな…」と思い、試行錯誤してみました!細かいコツを押さえた「究極のスフレチーズケーキ」の作り方をご紹介します。

2019年3月25日 更新

2. メレンゲを作ります

卵白に乾燥卵白を混ぜる

Photo by muccinpurin

卵白をボウルに入れ(半分くらい溶けていればそのまま泡立てて問題ありません)、☆を入れて泡立て始めます。

ハンドミキサーの速度は中速(5段階なら4か3)です。高速だと早く泡立ちますが、気泡が粗くなってしまいます。
メレンゲを作る

Photo by muccinpurin

グラニュー糖Bを3回に分けて加え、しっかりと艶のあるメレンゲを作ります。

砂糖を加えるたびに、ハンドミキサーの手ごたえが重くなっていくのがわかると思います。
ホイッパーに絡むメレンゲ

Photo by muccinpurin

最終的につのがお辞儀するくらいの固さまで持っていきます。

最後は低速で1分ほど混ぜて気泡の大きさを安定させてください。

3. ベースとメレンゲを混ぜ合わせます

ベースにメレンゲを入れる

Photo by muccinpurin

卵黄ベースにメレンゲの1/3量を入れてホイッパーで混ぜます。

メレンゲを加えるときは、毎回メレンゲをホイッパーでほぐしてから加えてください
ホイッパーでメレンゲを混ぜる

Photo by muccinpurin

ホイッパーで中央の生地を下から上に持ち上げるようにざっくりと混ぜます。

左手でボウルを手前に回しながら、右手に持ったホイッパーで混ぜていきます。
生地の混ぜ終わり

Photo by muccinpurin

残りの生地を2回に分けて加え、それぞれゴムベラでふんわりと混ぜ合わせます。

4. 型に流して160℃のオーブンで焼きます

生地を型に流す

Photo by muccinpurin

準備しておいた型に生地を流し、型ごと深めの容器に入れて湯せんします。

170℃に予熱しておいたオーブンを160℃に下げて40分、設定温度を140℃に下げて10分焼きます。

焼きあがったら、そのまま10分ほどオーブンのなかに入れたままにします。
ゴムベラに付いた生地

Photo by muccinpurin

型に流すときに、最後にゴムベラに付いた生地は入れないでください。

ボウルに残った生地も、一度きれいに取って型に流したら、それ以上は入れません。

メレンゲが死んだ生地が表面にのると、ふくらみが悪くなる上に、焼きあがったとき跡が残ってしまいます。

できあがりです!

焼き上がったスフレチーズケーキ

Photo by muccinpurin

表面の焼き色が均一で、しっかりと高さが出ています。焼きあがったらすぐにオーブンから出さないのは、急な温度変化でしぼむのを防ぐためです。

オーブンの機種によって焼き時間・温度は多少異なるので、できれば初回はこまめに様子を見ながらベストな焼き加減を見つけてくださいね。

手で触れるくらいになったら静かに型から外します。
スフレチーズケーキ完成

Photo by muccinpurin

何度見てもうっとりする焼き色ですね……。冷めても高さはさほど変わりません。

箱に入れて持ち運ぶ場合、完全に冷めてから入れるようにしてください。熱いうちに入れると蒸気がこもって表面にしわが寄り、ケーキ自体が縮んでしまいます。
スフレチーズケーキの断面

Photo by muccinpurin

クリームチーズのまろやかなコクと、卵のいい香りが部屋中を包みます♪ しっかりとメレンゲを立てて湯せん焼きしたことで、なめらかな口どけに仕上がりました。

濃厚なチーズにラムレーズンの香りがいいアクセントになっています。しゅわっと溶けてしまうので、ワンカットなんてあっという間に食べ終わってしまいますよ。

冷蔵庫で冷やしたり、レンジで10秒ほど温めたりと好みの食べ方を見つけてくださいね。
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう