有名店の味を再現!?「究極のスフレチーズケーキ」の作り方

チーズケーキにもいろいろ種類がありますが、スフレチーズケーキのしゅわっと溶け行く儚い口どけは高い人気を誇ります。「有名店のあの焼きたての味が家で食べられたらな…」と思い、試行錯誤してみました!細かいコツを押さえた「究極のスフレチーズケーキ」の作り方をご紹介します。

2019年3月25日 更新

2. 乾燥卵白とグラニュー糖を混ぜ合わせます

乾燥卵白とグラニュー糖を混ぜ合わせる

Photo by muccinpurin

乾燥卵白とグラニュー糖A(20g)を混ぜ合わせます。
乾燥卵白

Photo by muccinpurin

「乾燥卵白」または「アルブミナ」という名前で市販されています。

乾燥卵白を入れることで卵白の余分な水分を吸着し、しっかりとしたメレンゲを立てることができます。水分の吸着力が強いので、ダマにならないよう少量のグラニュー糖と混ぜて一番最初に加えます。

乾燥卵白がなければ、入れずに作ってください(グラニュー糖は2つに分けずに合計80g)。

3. (時間があれば)卵白を冷凍します

冷凍した卵白

Photo by muccinpurin

時間があれば、卵白を冷凍しておきます。これもしっかりとしたメレンゲを作るための手法です。

カスタードクリームを作る際に、余った卵白を冷凍しておくのもひとつの方法です。

4. ラムレーズンを作ります

ラムレーズンを作る

Photo by muccinpurin

耐熱容器にレーズンを入れ、熱湯を注いで15分ほど置きます。

その後湯を切り、ラム酒を入れて500wのレンジで30秒ほど加熱して冷ましておきます。

熱湯を注ぐと表面のワックスが取れて実がやわらかくなり、ラム酒の染み込みがよくなります。ラム酒を使わない場合は、熱湯に漬ける行程だけ行ってください。
型の底にラムレーズンを散らす

Photo by muccinpurin

準備した型の底にラムレーズンを散らします。

カットしにくいので、中央は少し空けておくのがポイントです。

作り方

1. 卵黄ベースを作ります

クリームチーズを木べらでやわらかくする

Photo by muccinpurin

耐熱ボウルにクリームチーズを入れ、10秒ずつ電子レンジにかけながら木べらでなめらかになるまで混ぜます。

はじめからホイッパーを使うとクリームチーズが詰まるので、かならず木べらでほぐしてください。
クリームチーズを卵黄を混ぜる

Photo by muccinpurin

やわらかくなったクリームチーズに、卵黄を1個ずつ入れてなめらかになるまで混ぜていきます。
薄力粉を入れる

Photo by muccinpurin

卵黄がすべて混ざったら、振るった薄力粉を入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせます。

材料を混ぜるたび、ボウルのフチやホイッパーに付いた生地をしっかりと拭ってよく混ぜます。
牛乳を入れる

Photo by muccinpurin

牛乳とレモン汁を入れてなめらかになるまで混ぜ合わせます。
生地をうらごす

Photo by muccinpurin

材料がすべて混ざったら、目の細かい網で裏ごします。ここでしっかりとダマを取り除いておきましょう。

裏ごしたものは、大きなボウルに移し替えておきます。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS