下町の味!「キンミヤ焼酎」おすすめの飲み方を紹介

スーパーやコンビニなど多くで見かける「キンミヤ焼酎」。下町の味とされ、居酒屋さんでもよく使われるおなじみのお酒です。ほかの甲類焼酎よりもすっきりと雑味ない味が人気ですが、その理由とは一体何なんでしょうか?また、お家でも作れるおいしいアレンジも紹介します。

2019年3月14日 更新

キンミヤ焼酎は下町の味!

キンミヤ焼酎とは?

皆さんは下町の定番焼酎と言われている焼酎「キンミヤ焼酎」をご存知ですか?透明のガラスボトルに緑のシールが貼られた焼酎で、酒屋さんやスーパー、コンビニなどで誰でも見たことがあるはず。キンミヤ焼酎とは、国内の甲類焼酎のなかで最高峰の品質を誇る亀甲宮焼酎の通称を言います。

キンミヤ焼酎の特徴

キンミヤ焼酎はお米や麦を使った乙類焼酎とは異なり、さとうきびの糖蜜を使ってできる甲類焼酎です。作り方自体はそのほかの甲類焼酎と変わりありませんが、三重県の鈴鹿山のきわめて硬度が低い軟水を使用。ミネラル少なめの軟水は甘めなのが特徴ということで、キンミヤ焼酎もふんわりとした甘味を感じる風味になっています。

原料の雑味がほとんど感じられないので、クリアでほぼ無味無臭の味わい。サワー類のベースとしても人気が高まっているアルコールです。

気軽に楽しむ!キンミヤ焼酎のおすすめの飲み方

1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう