下町の味!「キンミヤ焼酎」おすすめの飲み方を紹介

スーパーやコンビニなど多くで見かける「キンミヤ焼酎」。下町の味とされ、居酒屋さんでもよく使われるおなじみのお酒です。ほかの甲類焼酎よりもすっきりと雑味ない味が人気ですが、その理由とは一体何なんでしょうか?また、お家でも作れるおいしいアレンジも紹介します。

2019年3月14日 更新

ジュース割り

キンミヤ焼酎は各種ジュースで割ってもおいしい焼酎。トマトジュースやぶどうジュース、オレンジジュースなどサワーの定番ジュースから、ジンジャエールでキリッとした大人の風味を味わうのもおいしいですよ♪

こんな方法もおすすめ!キンミヤ焼酎の通好みの飲み方

金魚

大葉を水草に、そして唐辛子を金魚に見立てた変わり種アレンジ。時間が経つほどに辛くなってくるので、甘いものよりも大人の味わいのお酒が好きな人におすすめです。ビジュアルがユニークなので、飲み会のネタ作りとしても味わってみる価値がありそう!

赤ワイン割り

ちょっぴり渋みを感じさせる赤ワインも、キンミヤ焼酎で割ることでとっても飲みやすく変身するんですよ♪ 少し安めのワインでも、渋みや苦味が取り除かれることでワンランク上の味わいを楽しむことができます。
3 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう