ローディング中

Loading...

水割り、お湯割りなど、お酒好きな人が飲むイメージの焼酎。どれぐらいのアルコール度数があるかご存じですか?また、焼酎を購入する際に記載されている「甲類」と「乙類」の違いは?今回は、焼酎の度数や他のお酒との差、おすすめの飲み方を紹介します。

焼酎の度数ってどのくらい?

米焼酎、麦焼酎、芋焼酎、黒糖焼酎、そば焼酎、泡盛など、焼酎には多くの種類があります。ひと昔前までは、焼酎=お酒好きの男性が飲むものといったイメージがありましたが、最近では男性だけでなく女性にも焼酎は人気です。焼酎BARなど焼酎ばかりを扱うお店も増えていて、若い人たちの間にも浸透しつつある様子。
食事やいろいろなおつまみとの相性もよく、つい飲み過ぎてしまいやすい傾向のある焼酎。アルコール度数どれくらいか気になりませんか?今回は、焼酎の度数や種類、おすすめの飲み方までまとめてご紹介します。

焼酎の度数

焼酎のアルコール度数は、商品によって様々ですがアルコール度数が20~25度のものが最も多いよう。なかには50度近いものもあるといいますから、お酒の中でも焼酎はアルコール度数の高いもの。お酒に強くない方は購入の際には確認してみてくださいね。

同じ銘柄でも20度と25度がある理由

焼酎は同じ銘柄であっても、アルコール度数が20度と25度の両方作られていることがよくあります。 これは、地域やユーザーによって好まれるアルコール度数が違い、それに合わせて作られているためです。
焼酎は、アルコール度数を調整し販売されるのが一般的。蒸留方法にもよりますが、例えば、蒸留したての芋焼酎のアルコール度数は30度以上で、これに水を加えることにより20度や25度に調整していきます。25度のものはストレートで飲まれることが多いのですが、強すぎると言う意見もあり、近年は20度のものが作られるようになったよう。
また、一部の銘柄では20度や25度以外の度数のものも作られています。度数の違いだけでなく、焼酎には甲類や乙類といった蒸留方法に違いがあり、さらに乙類の中でも米、麦、芋、そばなど、原料によって味わいや香りが異なります。シーンや食事によって飲み方を変えて幅広く楽しめるお酒なんですよ。

種類によって違う焼酎の度数

焼酎は、「甲類」と「乙類」に分類されます。耳にしたことはあるけれど、実際のところは違いがよく分からないという方も多いでしょうか。まず、「甲類」と「乙類」の違いは「蒸留法」の違いです。「甲類」は連続式蒸留、「乙類」は単式蒸留でアルコールが抽出されます。
酒税法上の正式な品目名では、甲類は「連続式蒸留焼酎」と乙類は「単式蒸留焼酎」に分類されますが、「甲類」「乙類」の呼称が広く世間に浸透しているため、現在も商品に表示されています。

甲類

焼酎甲類とは、かつては「新式焼酎」と呼ばれ、文字通り伝統的な焼酎に対して「新しい」焼酎です。麦、米、とうもろこし、糖蜜(さとうきび)などを原料として、連続式蒸留機で蒸留され作られます。アルコール度数は36度未満。連続式蒸留とは、アルコール含有物を連続して蒸溜することで、1度の蒸留で高純度のアルコールが取りだされ、無色透明でピュアなクセのない味わいが特徴です。
コストが安く、大量生産に向いおり、クセのない味わいを生かして、チューハイなどのベースや、リキュールの材料、カクテル作りの際に用いられることもあります。梅酒などの果実酒づくりに用いられる「ホワイトリカー」や、アサヒビール「大五郎」、サントリー「鏡月」、眞露「JINRO」などが代表的な商品です。

乙類

焼酎乙類は、かつては「旧式焼酎」と呼ばれ、昔ながらの製法で古くから作られています。また、「本格焼酎」とも呼ばれているのがこの種類。麦・米・芋などを原料として、単式蒸留機で蒸留され作られ、アルコール度数は45度以下です。蒸留の仕組みが非常にシンプルなため、アルコール以外の香味成分も抽出され、原料の香りや持ち味が生き、独特の風味や味わいのある焼酎になります。
また、単式蒸留は高濃度のアルコールを抽出するためには何度も蒸留を繰り返さなければならないため、大量生産できず、コストや手間がかかり、甲類に比べると高値で販売されています。種類としては、麦焼酎、芋焼酎、米焼酎、そば焼酎、黒糖焼酎などで、代表的な商品は三和酒類「いいちこ」、薩摩酒造「さつま白波」、森伊蔵酒造「森伊蔵」などです。
原料の特徴をしっかりと味わうことができるので、ロックや水割り、お湯割りで風味をたのしむ飲み方がおすすめですよ。

そもそもアルコール度数って?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

関西エリアを完全ガイド!紅葉を眺めながら食事できるレストラン10選♩

関西 まとめ

秋の行楽シーズン。紅葉狩りを計画されている方も多いのではないでしょうか。せっかくですから、おいしい食事をいただきながら紅葉を楽しみたい!そんなリクエストにこたえてくれる、関西エリアで紅葉の名所に近い人気のレス…

本場博多のもつ鍋を食べるなら「おおやま」で!店舗もメニューも完全紹介!

もつ鍋

プルプルとした食感がクセになるもつ鍋。本場博多の味を楽しみたいという方は「おおやま」に足を運ぶのがおすすめです。本店は博多ですが、全国に店舗を展開しているので、お近くにもお店があるかもしれませんよ。全店紹介し…

いま大注目!脂肪の少ない部位ランプ肉!特長を知っておいしく焼いてみましょう!

レシピ

脂肪の少ないランプ肉は、赤身肉の人気部位です。ヒレ肉よりやや手頃で、上手に焼くと柔らかくなりクセが無いので人気があります。ランプ肉について詳しく学び、美味しい焼き方をマスターしてランプ肉をお家で気軽に焼いてみ…

早い、安い、簡単!覚えておきたいお酒のおつまみレシピ20選

ワイン レシピ おつまみ まとめ 日本酒

今日はお家で軽く呑みたい。コンビニの惣菜だと味気ないけど、料理をする元気もない…そんな日におすすめしたいお酒のおつまみをご紹介します。豆腐や缶詰など、家にある食材で簡単にできるレシピばかりを集めました。…

スタバやパブロから登場!秋のほっこり系「栗スイーツ」おすすめ7選♩

スイーツ カフェ まとめ

秋といったら栗スイーツ!モンブランやマロンクリームなど、ほっこり甘い味わいが魅力的ですよね♩今回はパブロやジョエルロブションなど、有名なブランドの商品を7つ集めてみました♩詳しくご紹介するので、ぜひチェックし…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

タルタルソースの「タルタル」って何? 想像の斜め上をいく「料理名の意外すぎる由来」7選

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

健康になりたいなら砂糖はNG?砂糖が及ぼす身体への悪影響『7』選

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

コーヒー好き必見!コーヒーをテーマにした映画『6』選

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

女心をくすぐるポップでかわいい「おちょこ」5選*プレゼントにも最適

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

知っておくと便利!味が長持ちするキッチンライフハック22選

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

東京都内で厳選!絶対行くべき「フライドポテト専門店」まとめ

東京 じゃがいも 専門店 まとめ

ポテトはサイドメニューのような立場ですが、今回紹介する東京のフライドポテト専門店は、わざわざ行きたくなるお店ばかり!とことんこだわり抜いたフライドポテトを口にすれば、思わず虜に!あなたの知らない衝撃的なフライ…

これは新発見!中国のまぜそば「拌麺(ばんめん)」が旨い

恵比寿 餃子 ラーメン 中華

恵比寿にある「67餃子」というお店に行ってきました。餃子というからには餃子レポだろうと食べてない自分に反省してますが、餃子は食べていません。しかし、そこで「拌麺(ばんめん)」というまぜそばに出合い、美味しかっ…

東京でも食べられる!やみつき必至の「ミートパイ専門店」全国版まとめ

専門店 パイ まとめ

ミートパイはオーストラリアの国民食。日本ではなかなか見かけませんが、ミートパイ専門店があるんです。今回は、東京を始めとして、全国にあるミートパイ専門店をまとめています。一度たべたら夢中になる人も多いというミー…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る