焼酎のおすすめの飲み方

では、最後に焼酎のおすすめの飲み方をご紹介しましょう。先ほどお伝えしたように、焼酎は割ることでアルコール度数を調節することが可能ですから、お酒に弱い方でも、美味しく飲むことができます。

緑茶割り

濃いめに入れた緑茶を冷ましておき、グラスに焼酎と氷を入れ、緑茶で割ればできあがりです。緑茶の爽やかな風味がとても飲みやすく、女性にもおすすめです。お好みで抹茶を加えてると、風味がさらに良くなりますよ。

ソーダ割り

果汁の入ったソーダ、カロリーゼロのソーダ等お好みのソーダで作れる焼酎のソーダ割りは女性に人気の飲み方です。カロリーゼロのソーダで作れば、カロリーをおさえながら、飲みごたえ十分の焼酎が楽しめますよ。レモンやライムを絞るのもいいですね。

牛乳割り

「え?本当に合うの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、騙されたと思って飲んでみてください。焼酎は牛乳で割ることでマイルドに仕上がり、とても飲みやすくなります。お好みでガムシロップを入れるとさらに飲みやすくなりますよ。寝る前に少量を温めて飲むと眠りにつきやすいそうです。

コーヒー割り

清潔な状態の保存瓶に、焼酎、コーヒー豆、氷砂糖を入れ、直射日光の当たらない場所で3週間熟成させます。2、3週間後にコーヒー豆を取り出したらでき上がりです。できたお酒に氷を入れて飲めば、コーヒーの香りが香ばしいアイスコーヒー焼酎が楽しめます。
牛乳で割ればカルーアミルクのような味わいにも。こちらにはお好みでガムシロップを足してもよいですね。作る過程で、途中から浮いていた豆が沈んでいき、どんどん色や味が濃くなりますので1日ずつ味見して、好みの味になるタイミングを見つけてくださいね。

アルコール度数を調節して、美味しく焼酎を飲もう

焼酎の度数についていかがでしたか?焼酎は、糖分やアミノ酸は含まれていないため、腐ることがありません。 賞味期限はありませんが、日光の当たる場所や温度の高い場所においておくと風味が落ちやすいので、保存する場合は冷暗所をおすすめします。
焼酎は一般のご家庭でも取り扱いやすいお酒ですので、お好みの飲み方を見つけて、ぜひ、おいしい1杯をたのしんでくださいね。
Photos:2枚
アルコール度数とは
焼酎と日本酒の度数との違い
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ