ローディング中

Loading...

日本酒のラベルによく見かける大吟醸ですが、大吟醸がどんな意味か、みんさんはご存じでしょうか?日本酒に詳しい方は、大好きという方も多い大吟醸とは?吟醸酒との違いやおすすめの飲み方など、日本酒をあまり知らない方にも分かりやすく説明します。

大吟醸と吟醸の違い知ってる?

大吟醸酒とは

日本酒の名称には、いくつもの分類があって複雑ですね。昔は特級、1級、2級という級別の分類をしていましたが、今は日本酒の多様化に伴い、吟醸酒・大吟醸酒・純米酒・純米吟醸酒・純米大吟醸酒・特別純米酒・本醸造酒・特別本醸造酒の8種類の名称があります。これを「特定名称酒」と言います。

分類される要素は以下のポイントです。
1. 精米歩合(お米の磨き具合)
2. 麹歩合(麹米の使用割合)
3. 醸造アルコールの添加量

「大吟醸酒」とは、精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、醸造アルコール添加(10%以下)という規格になります。アルコール無添加の大吟醸酒を「純米大吟醸」と呼びます。

精米歩合が高いという事は、お米の粒の表面を削る量が多くなり、中心に近い部分だけを使うことになります。一般的に精米歩合が高いほど余分な雑味が少なくなり、香りが華やかになると言われています。大吟醸酒は、原料に対して出来るお酒の量が少なくなるので、価格が高くなりがちです。

吟醸酒との違いは精米歩合

吟醸酒とは、精米歩合60%以下の白米と米麹及び水、またはこれらと醸造アルコールを原料として吟味して造ったお酒で、固有の香味及び色沢が良好なものです。前述の大吟醸酒との違いは、精米歩合が少し低くなった点です。

ただし、吟醸酒よりも必ず大吟醸酒の方が良い(おいしい)お酒かと言うと必ずしもそうではなく、個々の銘柄は原料の酒米の種類、麹の種類、お水の質(硬水か軟水かなど)、仕込み期間や温度・湿度など、様々なファクターがあり、一様には言えません。

純米大吟醸と大吟醸の違いは?

純米酒とは

8種類の特定名称酒の中で「純米」という文字が付く名称は、すべて醸造アルコール無添加です。原材料は、米・米麹・水のみ。純米酒とは、添加物を使わないお酒という意味です。

「純米酒」の規定は、アルコール無添加・精米歩合の規定なし。「特別純米酒」の規定は、アルコール無添加・精米歩合60%以下または特別な醸造方法(要説明表示)となっています。特別な醸造方法とは、例えば以下のような製造法が認められています。

・低温長期発酵
・木槽(きぶね)しぼり → 木製の旧式搾り機を使用
・無農薬の酒米を使用している

アルコール無添加・精米歩合60%以下という規定は、「純米吟醸」と同じです。だから純米吟醸酒と名乗ってもよいのですが、一般的に吟醸系のお酒は香りが華やかでスッキリとした飲み口が多く、一方の純米酒はアルコール無添加によるどっしりしたボディのお酒が多いイメージがあります。

同じ規定でもどのようなお酒なのかをより忠実に表すために、蔵元が名称を選択するのです。ひとつの実例としては、食用のお米を使って純米酒を造っていた蔵元が、酒造好適米を使った純米酒を造り、特別純米酒として新たな銘柄を出したことがあります。

本醸造酒とは

本醸造酒とは、純米酒に醸造アルコールを加えた日本酒。精米歩合は70%以下。特別本醸造酒は、精米歩合は60%以下となります。どっしりとした骨太の純米酒に対して、純米酒よりもライトでまろやかなお酒が多いのが特徴です。後口も切れの良いタイプが多く、燗酒向きの銘柄が多いようです。

醸造アルコールとは、サトウキビ・トウモロコシ・米などを発酵させ、蒸留を繰り返して造られるエタノールで、目的は風味の調整です。原料がお米だけの純米酒に対して、複雑なうま味を加えると共にマイルド感を与えます。ビールの製造工程で、お米やコーンスターチなどの副材料を用いるのと同様です。

大吟醸の飲み方

冷酒

冷酒は、特に暑い夏場などにはおいしく感じますが、冷やし過ぎると風味を感じにくくなるので注意が必要です。適温はビールと同じ7~10℃。冷蔵室での保存だとやや冷え過ぎるので、野菜室や、外気に近いドアポケット付近で保存するのがよいでしょう。

最近は大きな1升瓶より四合瓶やカップ酒、紙パック入りの日本酒もあるので、冷蔵庫の大きさに合わせて選ぶこともできますね。酒器は、ガラス製を使ってみるのもおすすめ。清涼感がぐっとアップしますよ。

燗酒(かんざけ)

日本酒は、いろんな温度帯で味の変化を楽しめる世界的にも稀有なお酒です。温めることで香りが開き、舌も味覚を感じやすくなりますし、寒い時期には体が温まるなどのメリットもあります。

ぬる燗から熱燗、また燗冷ましなど、楽しみ方は多様。お酒の用具店では、日本酒専用の「酒燗計」という温度計が販売されています。

常温

最近の飲食店では日本酒をビンごと冷蔵庫で保管するお店が増えたので、「冷や」と注文すると冷酒で出されることが多くなって来ました。「常温」とは、冷蔵庫や氷で冷やさない室温に保存したもののことです。冷酒よりも香りや味を感じやすく、そのお酒本来の味がわかりやすいのが特徴です。

オン・ザ・ロックス

オン・ザ・ロックスにする場合は、氷が溶けにくいように大きめのロックグラスを使うか、同じくらいの大きさの猪口を使うとよいでしょう。ボディがしっかりした味わいの原酒や純米酒、または生酒なら、若干薄まってもおいしく飲めますよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【表参道】オニオングラタンスープ専門店「あわたまスタンド」

オニオングランスープなんてもうみんな大好きなスープじゃないですか。冬の寒いシーズンはスープであったまろう。そんなシーズンに新しいお店が表参道にできたみたいです♪週末、デートやお友達、家族と”オニグラ”スープを…

オーダーメイドで♩原宿『ジップザップ』の似顔絵ケーキがそっくり!

原宿に佇むカフェ『ジップザップ(ZIPZAP)』の無骨なおじさまパティシエによるデコレーションケーキがとてもかわいいと評判なんです。リクエストに忠実に応えてくれるので、送った人も受け取った人も喜ぶこと間違いな…

【東京】チョコレート専門店カフェ8選

東京に出店している世界の有名チョコレート専門店のカフェをまとめました。

恵比寿の人気「餃子屋」11選!安いうまいのおすすめ店をチェック

恵比寿エリアは知る人ぞ知る餃子の激戦区。そんな人気エリアの「えびす」で食べたくなったらさくっと行ける、安くてウマイ、おすすめのお店をまとめました。ランチ、テイクアウト、食べ放題に対応したお店を一気に11店舗ご…

食べ放題も個室もランチにだって!新宿で人気の焼き肉店15選

有名店の焼き肉屋が集まる街、新宿。今回その中でもおすすめ店を厳選してご紹介します!デートにぴったりな個室のあるお店やお腹いっぱい楽しめる安いお店まで、シーン別に選べるお店を豊富に揃えました。ディナーはもちろん…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

こんなに違うの!? 世界のお正月料理まとめ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

安いのにおいしすぎる…!新橋で大満足のランチが楽しめるおすすめ店20選!

サラリーマンの街として名高い「新橋」。実は和食やお肉、個室あり、安いのにおいしい店、女子にもおすすめのランチがたくさんあるんです!そこで今回は、そのお店の数々をご紹介。日曜日でもやっていたりするので、お休みの…

激戦区から厳選!中野でハズせない「ラーメン」ランキングTOP10!

安くておいしい飲食店がたくさんある東京・中野。そしてこの街は、ラーメンの激戦区でもあります。そこでここでは、中野でおすすめのラーメンランキングTOP10をご紹介。きっと、お気に入りの一杯が見つかるでしょう。深…

佐世保バーガー界の大御所!長崎「ビッグマン」で人気のおすすめメニュー♩

佐世保バーガーと言えばビッグマン、と言われるほど、ビッグマンは佐世保で人気のハンバーガーショップです。今回はビッグマンの人気メニュー「ベーコンエッグバーガー」や、そのほかのおすすめのメニュー、予約や駐車場情報…

ページTOPに戻る