こだわりの焼酎グラス!飲み方と素材で選びたいおすすめの9選

焼酎はお湯割りやロック、水割りなど、いろんな飲み方で楽しめますが、飲むグラスにもこだわっているという人は、意外と少ないのではないでしょうか。この記事では、飲み方に適した焼酎グラスの素材について解説。あわせて素材ごとに分けて、おすすめのグラスを価格が安い順に紹介します。

2020年7月22日 更新

ライター : ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅広く書いていこうと思います。日本酒が好きで飲み歩きも多いこの頃。旅行先のカフェに行くのも好きです。どうぞ宜…もっとみる

焼酎グラスは飲み方×素材で選ぼう!

焼酎をお湯割りで飲む人には「陶磁器製」

焼酎をお湯割りで飲む人には、陶磁器製のグラスをおすすめします。温かみのある手触りと口当たり、重厚な質感がお湯割りのふくよかな香りにマッチすると評判です。

見た目や感触だけでなく、保温性が高い素材であることも人気の秘密。いわゆるワレモノと呼ばれる器なので、落としたりしないよう取り扱いに注意が必要です。

ロックや水割りで飲むなら「ガラス製」

焼酎をロックまたは水割りで飲むなら、ガラス製のグラスがもっとも適しています。割れやすいのが難点ですが、涼しげな見た目とクリアな質感で、クールな味わいを楽しめると人気です。

クリスタルや切子などの高級グラスから、機能面に優れた耐熱ガラス製まで、自分のスタイルに合ったおしゃれなものを選んでください♪

どちらも楽しむ人には「ステンレス製」

冬は焼酎をお湯割りで、暑くなったらロックや水割りで飲む、という人におすすめしたいのがステンレス製グラスです。保温と保冷性ともに抜群で、どんな飲み方でも適温をキープしてくれます。

シンプルなものが多いですが、最近は陶器を想わせるデザインのグラスもあり、実用性の高さから一度はチェックしておきたい素材です。

温かさをキープ。陶器製の焼酎グラス3選

1. 陶悦窯「有田焼 金刷毛 陶酒杯」

ITEM

陶悦窯(とうえつがま)有田焼 金刷毛 陶酒杯

素材:磁器
サイズ:口径 79×高さ 122mm
重量:230g
カラー:金刷毛・銀刷毛
内容量:350ml

¥1,309〜 ※2020年7月1日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

高級感のある有田焼ながらリーズナブル!

400年以上前に佐賀県有田町ではじまった有田焼。その始祖の流れをくむ名門窯元が作る磁器製のグラスです。金たたきと金ぼかしが施された渋い色柄で、表面がざらついて滑りにくく、持ちやすいデザインが特徴。

高級感がある器ながら価格はいたってリーズナブルで、陶磁器グラスをはじめて購入する人におすすめします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS