人気焼酎「いいちこ」のおいしい飲み方。女性や初心者にもおすすめ

女性や焼酎初心者の方にもおすすめ。クセのない香りと軽い口当たりが特徴の本格焼酎「いいちこ」をご紹介。ストレートや水割りはもちろん、お湯割りやジュース割りなど、いいちこのおいしい飲み方と割りものの作り方です。

焼酎初心者にもおすすめ、本格焼酎「いいちこ」とは?

"下町のナポレオン"という愛称で呼ばれる「いいちこ」。大分県の酒造メーカー三和酒類から発売されている本格麦焼酎です。

同じ本格焼酎でも甘い香りが強く残る芋焼酎とは違い、麦焼酎のいいちこはクセのない香りで口当たりも軽く、焼酎をあまり飲んだことのない方にもおすすめ。

スーパーやコンビニなど、酒類の置いてあるお店ならどこにでもあるいいちこ。飲みやすくお手軽なお値段で、1979年の発売から日本国内だけでなく世界30カ国以上で愛され続ける、ロングセラーの本格焼酎です。

まずはそのまま。ストレートで「いいちこ」を堪能

クセのないすっきりとした味わいが特徴の麦焼酎。その中でも特に飲みやすく、万人受けするのがいいちこです。

いいちこにある麦焼酎のさわやかな風味は、強くもなく弱くもなくほどほど。くせのない香りとまろやかな口当たりは、ストレートで飲んでも嫌味がなくすっきりとした味わい。

お手軽なお値段を考えれば、いいちこは普段飲みのお酒として最適。ストレートはもちろん、水割りやお茶割り、炭酸で割ったハイボールや柑橘系のジュース割りなどなど、いいちこのバランスよくクセのない味わいが、割材をえらぶことなくおいしい焼酎割りにしてくれます。

飲みやすい本格焼酎「三和酒類 いいちこ 麦 25度 瓶 900ml」

くせのない香りとすっきりとした味わいが特徴の本格麦焼酎「いいちこ」です。そのまろやかで軽い口当たりは、とにかく飲みやすさ抜群。リーズナブルなお値段と「下町のナポレオン」という愛称で、長く愛され続ける本格焼酎です。

ゆっくりといいちこを楽しむなら水割りがおすすめ

すっきりとした味わいを楽しむなら水割りがおすすめ。

水で割ることでアルコールのカドがなくなり、より飲みやすくやわらかい味わいに。水割りなら雑味もなく、すっきりとした味わいはそのままに、いいちこ本来のまろやかな口当たりを楽しめます。

おいしい水割りの作り方

用意するもの
・いいちこ ・ミネラルウォーター ・氷 ・グラス

1.グラスにたっぷりの氷を入れ、いいちこをグラスの半分ぐらいまで注ぐ。(アルコールの方が水より比重が軽いので、先にいいちこを注ぐことで混ざりやすくなります。)

2.ミネラルウォーターをグラスの8~9分目までゆっくり注ぎ、2~3回かき混ぜる。

ミネラルウォーターは軟水を。いいちことミネラルウォーターの割合は6:4が黄金比率となります。

いいちこの香りと味わいを楽しむならロックで

いいちこの麦焼酎そのものの香りと味わいを楽しむなら、ゆっくりと飲めるロックがおすすめ。

氷で冷やされることで、いいちこが甘くとろりとした口当たりに。時間の経過とともに溶けていく氷が、ストレートに近い味わいから水割りのようなやさしい味わいまで、ゆっくりと変化させてくれます。

いいちこを味わうロックの作り方

用意するもの
・いいちこ
・氷
・ロックグラス

1. あらかじめロックグラスを冷やしておく。

2. 氷をロックグラスに入れる。(市販されているロックアイスがおすすめ)

3. 氷にかかるようにいいちこを注ぐ。

料理をおいしくいただけるお茶割り

お茶の苦味といいちこの相性が抜群、おいしい料理を楽しみながら飲むならお茶割りがおすすめ。

煮魚やお刺身がおつまみなら生臭さを抑えてくれる緑茶割りを、脂っこい唐揚げや肉料理ならさっぱりとしてくれるウーロン茶割りにするなど、おつまみによってお茶の種類を変えると、料理といいちこをよりおいしく味わえます。

お茶といいちこで香りよく、おいしいお茶割りの作り方

用意するもの
・いいちこ
・緑茶、または烏龍茶など
・氷 ・グラス

1. グラスに氷をたっぷりと入れ、焼酎を注ぐ。

2. お茶をグラスの8~9分目まで注いでかき混ぜる。

お茶と焼酎の比率は2:1~3:1とお好みで。冬なら温かいお茶を使ったホットもおすすめです。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

主婦A子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう