連載

残った「ごまだれ」で5分うどん!前菜&麺レシピなど11選【調味料活用 vol.7】

しゃぶしゃぶやバンバンジーに欠かせない調味料「ごまだれ」。年中使えるけれど意外と出番が少なく、賞味期限が迫っているご家庭も多いのでは?今回はそんなごまだれで、5分で作れるコク旨うどんとヘルシーなポテトサラダを作りました!他にも簡単麺レシピやタレとして活用する方法をご紹介します。

2019年4月4日 更新

レンジで3分ずぼら飯「コク旨ごまねぎうどん」

うどんにたっぷりねぎと卵黄が乗っている

Photo by macaroni

家で食べるお昼ごはんは、食材を買い足しせずにあるものでパパッと済ませられると嬉しいですよね。冷凍うどんは保存が効くのはもちろん、レンジで簡単に調理ができるのに、コシがあっておいしい。冷凍庫に常備しておきたい食材のひとつです。

ごまだれの酸味と風味が卵黄と絡んで、コクとうまみが止まらない一品。簡単だと侮るなかれ、ぜひお試しください。

材料(1人前)

材料が透明カップに入っている図

Photo by macaroni

・冷凍うどん ... 1玉
・ねぎ ... たっぷり
・卵黄 ... 1個
・ごまだれ ... 大さじ4
・しょうゆ ... 小さじ1
・ラー油 ... お好みの量

作り方(調理時間:5分)

① 600Wのレンジで2分、冷凍うどんを温める(各商品の推奨あたため時間から30秒ほど引いた時間が目安)。

② うどんを取り出して器に移し、ごまだれとしょうゆを混ぜて再度30秒ほど温める。

③ ねぎ、卵黄を乗せて、ラー油を垂らして完成。

食べるときは全体を絡めてどうぞ。卵黄がしっかり絡むとよりおいしいので、たまごがたくさんあるときは卵黄2個乗せて少し贅沢するのもおすすめです!

ノンマヨでヘルシー「新じゃがときゅうりのゴマポテサラ」

白い器にポテサラ+上に山盛りきゅうり

Photo by macaroni

食材を切って、じゃがいもを潰して、冷まして、調味料を混ぜて。ポテサラはていねいに作ると意外と手間がかかりますが、このレシピはとことん簡単。食材も3つしか使いません。

きゅうりのパリパリ感とごまの風味が生きるシンプルなレシピ。ぜひ今後の定番に加えてみてください。

材料(じゃがいも2個分)

料が透明カップに入っている図

Photo by macaroni

・新じゃがいも ... 2個(中くらいサイズ)
・きゅうり ... 1本
・ごまだれ ... 大さじ4

作り方(調理時間:10分)

① きゅうりに塩を振って板ずりする。1~2mmほどの薄切りにして塩もみし、軽くゆすいで水気をきっておく。

② じゃがいもを洗い、ラップに包んで600Wのレンジで4分ほど温める(1個2分が目安)。

③ じゃがいもを潰し、粗熱をとる(皮はお好みですが、きゅうりの食感を際立たせるため、今回は剥いています)。

④ すべての材料を混ぜて完成。

ポテトサラダといえばマヨネーズですが、今回はシンプルにごまだれだけで味付けしました。ごまの香りと芋の味をシンプルに感じられ、飽きずに食べることができます。ごまだれは少し多めに入れるのがおすすめですが、味見しながらお好みの量を入れてください。

少ない食材で。パパッと前菜3選

しっとりまろやか…!濃厚ごまだれの棒棒鶏(バンバンジー)

白い器、薄切りトマトの上にバンバンジー

Photo by macaroni

バンバンジーといえばごまだれ!レシピどおり手作りしてもいいですし、時間がないときや余ったごまだれを消費したいときは市販のものでももちろんOKです。生姜やにんにく、ねぎなど、薬味だけ足すと手作り感をプラスできます。

しらすとトマトのジンジャーごまだれ

トマトとしらすだけ買ってくれば、残っているごまだれと基本調味料でできるお手軽レシピ。あっさりとしていて食べやすく彩りも良いので、あともう1品欲しいときにも最適です。

里芋のお手軽ごま味噌煮

特集

SPECIAL CONTENTS