サクサクジューシー♪ ミラノ風カツレツの作り方&アレンジレシピ3選

ミラノ風カツレツは、仔牛肉を叩いてやわらかくして、衣に粉チーズを加えた北イタリア料理です。地中海に突き出たイタリア半島は、南イタリアではスパゲティ・ボンゴレに代表される魚介料理が有名ですが、北イタリアは肉料理やチーズなどの乳製品がおなじみです。

2019年3月11日 更新

ミラノ風カツレツの基本レシピ

ミラノ風カツレツ

Photo by shucyan

フランス料理のコートレット(côtelette)やオーストリアのウィンナーシュニッツェルのルーツとも言われる北イタリア・ミラノ地方のカツレツ「コストレッタ・アッラ・ミラネーゼ」は、薄く叩いた仔牛(こうし)のカツレツです。

北イタリアは酪農が盛んで生クリームやチーズを使った料理が多く、仔牛はどこのお肉屋さんでも売っている、イタリアではとてもよく使われているお肉です。

材料(1人分)

材料すべての写真

Photo by shucyan

・仔牛肉または豚ロース肉……1枚
・オリーブオイル……大さじ3杯
・パン粉……大さじ2杯
・小麦粉……大さじ2杯
・卵……1個
・塩コショウ……少々
・粉チーズ 大さじ……1杯
・パセリ……5g
・レモン……1/4個
・生野菜(つけ合わせ)……20~30g

作り方

1. 肉を叩いて伸ばす

和牛モモ肉の写真

Photo by shucyan

お肉をラップで包んでから肉叩きか麺棒など(なければ空き瓶でもOK!)で、半分ほどの厚さになるまで叩いて伸ばします。
肉を叩いて伸ばす

Photo by shucyan

叩くことで繊維がほぐれてやわらかくなり、薄くなるので火の通りも早くなります。

2. 肉に下味を付ける

下味を付けた画像

Photo by shucyan

叩いて伸びたお肉の両面に、塩コショウで下味を付けます。パン粉に塩分を含んだチーズが入っていることを考慮しましょう。さらにトマトソースなどをかける場合は、軽めで大丈夫です。お好みでオレガノなどのハーブを加えてもおいしくいただけます。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう