ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

卵の殻が決め手!カリカリ梅の作り方

ご家庭でカリカリ梅を作るには、材料として梅のほかに「カルシウム」が必要不可欠。梅に含まれるペクチンは、カルシウムと結合することで梅の実を引き締めカリカリ食感を保つことができるのです。まずは、卵の殻を使うカリカリ梅の作り方を紹介します。(※1)

材料

・青梅(小梅)……500g
・塩……梅の重量の10~12%
・焼酎(35℃ホワイトリカー)……大さじ2~3杯
・卵の殻……2個分

下準備

・卵の殻は内側の薄皮をはがしてよく洗い、1~2日間天日干しにしてしっかり乾燥しておきましょう。乾燥が済めば殻をガーゼ、またはお茶パックを使い2つに分けて包みます。

・青梅は、ヘタを竹串やつまようじなどで取り、水に2~3時間つけてアク抜きをします。

・保存用の瓶は、煮沸消毒しておきましょう。

作るときのコツ

・梅は鮮度がよく、青くて固い梅を選ぶことで、しっかりとしたカリカリ食感になります。逆に赤みが出ているものはやわらかくなってしまうので注意が必要です。

・瓶をこまめにゆすることで青梅の漬かりが早くなり、カビ予防にも役立ちます。

・赤しそ漬けを入れると、カリカリ梅が赤く色付きます。

作り方

1. アク抜き後の青梅を水からあげて、布巾やキッチンペーパーなどでしっかり水気を拭きます。カビの原因になるので水分はしっかりと拭くのがポイントです。

2. 保存用の瓶の底に軽く塩を振り、青梅を1列並べて、その上に卵の殻をのせます。

3. 塩と青梅を交互に入れる作業を繰り返して、青梅を重ねます。途中で卵の殻も入れてください。塩はすべて使用せず、少しだけ残しておきましょう。

4. 最後に焼酎をかけ、残しておいた塩を振って冷暗所に保存します。

5. 毎日1~2回ほど瓶をゆすって全体をよく混ぜ、2~4週間ほど漬け込んで梅酢ができたら完成です。暑い時期は冷蔵庫で保存するのがおすすめですよ。

豆腐だけじゃない?にがりを使うカリカリ梅の作り方

豆腐を作るときに使う「にがり」。にがりに含まれるカルシウムを利用しても、カリカリ梅が作れるんです。では次に、にがりを使う作り方をご紹介します。砂糖をたっぷり使うので、甘めの仕上がりになりますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ