ライター : kybeti

ベジタリアン管理栄養士

カメラ、写真 (fujifilm x-t2,sony α7?)が趣味。野菜をメインとした生活を送っています。

卵の殻が決め手!カリカリ梅の作り方

本来捨ててしまう卵の殻を使えば、卵の殻に含まれる「カルシウム」と梅に含まれるペクチンが結合して「ペクチン酸カルシウム」になります。この「ペクチン酸カルシウム」が梅の実を軟化させる働きを止め、逆に引き締めてくれます。そのため、カリカリした食感になり、自宅でも簡単にカリカリ梅が作れちゃいます!

材料

・青梅(小梅)......500g ・塩......梅の重量の10~12% ・焼酎(35℃ホワイトリカー)......大さじ2~3杯 ・卵の殻......2個分

下準備

・卵の殻の内側にある薄皮をはがしてよく洗い、1~2日間天日に干してしっかり乾燥させるたら、ガーゼ、またはお茶パックに包みます。 ・青梅のヘタを竹串などでとり、水に2~3時間つけてアク抜きしておきます。 ・保存用の瓶を煮沸消毒しておきます。

作り方

1. アクを抜いた梅を水からあげ、布巾などでしっかり水気を拭きます。カビの原因になるので水分はしっかりとふく。 2. 保存用の瓶の底に軽く塩を振り、梅を1列並べ、その上に卵の殻をのせます。 3. 塩を入れる→梅を入れるという順に繰り返していき、梅を重ねていきます。卵の殻も途中で再度入れてください。このときに塩を少し残しておきます。 4. 最後に焼酎をかけ、残しておいた塩をふり、冷暗所に保存します。 5. 毎日1~2回ほど瓶をゆすって全体をよく混ぜ、2~4週間ほど漬け込んで梅酢が上がったら完成。暑い時期は冷蔵庫で保存がおすすめです。

作るときのコツ

・梅を選ぶときは、鮮度がよく、青くて固い梅のほうがしっかりカリカリした食感になります。逆に赤みがでてるものはやわらかくなってしまいます。 ・瓶をこまめにゆすったほうが梅の漬かりも早くなり、カビ予防にもなります。 ・赤しそ漬けをいれると、カリカリ梅が赤く色づきます。

豆腐だけじゃない?にがりを使うカリカリ梅の作り方

豆腐を作るときに使うことで知られている「にがり」。その「にがり」に含まれるカルシウムを利用したカリカリ梅の作り方をご紹介します。砂糖をたっぷり使っているので、甘めな梅酒のような仕上がりになります◎
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS