あ、何に使おうかな?「豆苗」のおすすめレシピ5選

編集部公認のクリエーターチーム「macaroniレシピ部」が考案したなかから、豆苗を使ったレシピをご紹介します。コスパ抜群のエコ野菜、“豆苗”。シャキシャキ食感、ほんのりと香る豆の風味が特徴的です。そんな、豆苗を使ったアレンジレシピを集めました。

2019年2月10日 更新

シャキシャキ食感をたのしむ豆苗レシピ5選

1. お弁当やおつまみに。豆苗とツナのカレー春巻き

ツナと豆苗をフライパンで炒め、カレー粉などで味つけします。春巻きの皮で巻いて、170度の揚げ油でカラッと揚げたら完成。

具材は豆苗とツナ缶だけですが、豆苗を1袋使っているので食べ応え抜群。カレーの風味が食欲をそそる春巻きです。

2. 中華あんがとろり。豆苗と厚揚げのそぼろあんかけ

食べ応えのありそうな見た目の豆苗と厚揚げのそぼろあんかけ。豆苗をレンジで加熱し、少ししんなりさせ、お皿に盛りつけます。フライパンで厚揚げをカリカリに焼き、取り出します。同じフライパンできのことそぼろのあんかけをつくってお皿に盛りつけたら完成。

豆苗を別で加熱することで火を通しすぎず、食感を楽しめます。お好みで七味などをかけてもおいしいですよ。

3. まるで中華屋さん。豆苗とあさりの本格ふんわり卵炒め

豆苗1袋とあさりをフライパンで炒め、卵を流し入れたらサッと炒める時短レシピ。合わせ調味郎は最後に加えて、手早く全体になじませるのがポイントです。

マーマレードのほのかな苦味と甘みがポイント。オイスターソースがベースなのでコクと旨みがあり、中華屋さんのような本格的な味わいです。

4. ふんわりシャキシャキ。苗豆と鶏そぼろの厚焼きたまご

細かくカットした豆苗と鶏そぼろを卵液に加えた卵焼きレシピ。豆苗はレンジで加熱してカサを減らした分、たっぷり入っています。味つけはオイスターソースだけでシンプルに。

加熱した豆苗の水気をしっかり切ると、卵焼きがふんわり仕上がります。食べ応え抜群なのでおかずとして出したり、お弁当に入れたりするのにおすすめです。

5. アジアンモーニング。豆苗のバインセオ

アジアン料理の定番バインセオを豆苗で作りました。具材もベーコンと豆苗だけなので簡単です。フライパンで具材を炒め、いったん取り出します。卵液を流し込み、両面焼けたら具材を戻して半分に折ったら完成。

見た目も色鮮やかで休日のブランチなどにおすすめのレシピです。

コストパフォーマンス抜群の豆苗

野菜の高騰が話題になっても安定の価格を保つ豆苗。カサがあるので食べ応えがあり、お財布にやさしい食材です。

根元を切り落とし、水を注いで1週間ほどおけばまた伸びてきて食べられるので育てる楽しさも味わえますよ。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroniレシピ部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう