ミルフィーユ赤から鍋

定番の「豚バラ×白菜」のミルフィーユ鍋は、赤から鍋のスープでもおいしくできますよ。豚バラをたっぷり使うことで濃縮されたコクを味わうことができ、食べても食べても飽きません。万能ねぎなどの香味野菜を散らして風味をUPさせるのもおすすめです。

坦々風赤から鍋

合い挽き肉をたっぷり使い、長ネギ、白菜、豆腐、もやしなどを入れて担々風の鍋を作りませんか。たっぷり野菜と一緒に味わえてとてもヘルシー!〆にラーメンを入れれば野菜のあま味がスープに染み込んだおいしい担々麺になりますよ。

ポトフ風赤から鍋

洋風ポトフに使用するじゃがいも、にんじん、玉ねぎ、キャベツ、ベーコン、ウインナーなどを使っても◎お肉を使うことなく、ベーコンやウインナーからうま味を引き出していきます。隠し味にコンソメを使えば、味が引き締まりますよ。

赤から鍋と相性抜群のシメ

雑炊

ごはんを入れて、しばらく煮詰め、最後に溶き卵を入れれば辛みとうま味がさらに濃くなった赤から雑炊に♪卵が入ることで辛さが抑えられるのでしめにぴったりです。最後にアサツキを散らすと風味が足され、見栄えも◎

チーズリゾット

残ったスープに、ごはんを入れて水分をとばしピザ用チーズをたっぷり入れたらふたをして30秒カウントダウン!ふたを開ければトロトロチーズの赤からチーズリゾットに。濃厚なチーズのうま味が赤からのだしと絡んで絶品です。

ラーメン

ひき肉を使った担々鍋にしたときには特におすすめのラーメン。残った具材とスープの中に生麺を入れてお好みの硬さで仕上げましょう。うま味をたっぷり麺に絡めてアツアツを召し上がれ。
Photos:1枚
自宅で作る赤から鍋のイメージ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS