低カロリーで低糖質!「豆乳ヨーグルト」の特徴&おすすめ商品3選

豆乳を乳酸菌で発酵させた「豆乳ヨーグルト」の特徴について詳しく解説します。一般的なヨーグルトとの違いや口コミで人気の商品、手作りの注意点・豆乳ヨーグルト専用乳酸菌(種菌)と、たっぷりご紹介!ぜひ、ご参考にしてくださいね。

2019年11月12日 更新

ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュベーシック

大阪市在住、大学生と高校生の子をもつ主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」を作る楽しさ、頑張りすぎずに「おいしく味わう」ことの大切さを実感…もっとみる

豆乳ヨーグルトとは

豆乳で作られた植物性発酵食品

豆乳ヨーグルトとは、その名の通り「豆乳を乳酸菌で発酵させて作ったヨーグルト」のことです。原料は大豆で、味噌や納豆・醤油などのような植物性発酵食品になります。 乳製品不使用なので牛乳で作ったヨーグルトがお腹に合わない人も食べやすく、ヘルシーな豆乳がさらに健康的に食べられると注目を集めています。

一般的なヨーグルトとの違い

一般的なヨーグルトのカロリーが62kcal・炭化物が4.9gに比べて、豆乳ヨーグルトのカロリーは46kcal・炭水化物は1.6g(ともに100gあたり)と、低カロリー・低糖質。(※1)コレステロールがゼロ、女性に嬉しい大豆イソフラボンが含まれているのも特徴です。 気になる味については、牛乳が原料のヨーグルトとは違い「酸味のある豆乳の味」と例える人も。初めてチャレンジする場合は、市販のもので試してみるのがおすすめです。

口コミで人気の豆乳ヨーグルト3選

1. やさしくまろやかな味わい「豆乳で作ったヨーグルト」

ITEM

豆乳で作ったヨーグルト プレーン味

内容量:110g×12個

¥1,750〜 ※2019年04月24日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

1997年に発売され、2000年にトクホ(特定保健用食品)を取得した、歴史のある豆乳ヨーグルトです。新クリアー製法で、クセのないおいしさを実現。やさしい甘さとまろやかな味わいは、豆乳ヨーグルトを始めたい人にぴったり♪

2. 無糖なのでお料理にも「豆乳グルト」

ITEM

豆乳グルト 砂糖不使用

内容量:400g×6個

¥1,296 ※2019年11月12日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

豆乳やお味噌で有名なマルサンから発売の「豆乳グルト」は、たっぷり400g入りのプレーンタイプ。豆乳ヨーグルトを毎日の習慣に取り入れたい方に最適です。砂糖不使用なので、お料理にも使えますよ。

3. 食物繊維は豆乳の10倍「のむ豆乳ヨーグルト 豆吉 」

ITEM

飲む大豆ヨーグルト 豆吉 プレーン

内容量:150g×12本

¥2,946 ※2019年02月01日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

山梨県北杜市で大豆の栽培・加工を手がける「白州屋まめ吉」の豆乳ヨーグルト飲料です。青臭さのない飲料用大豆「すずさやか」と南アルプスの天然水が原料。「大豆まるごと製法」で、食物繊維はなんと豆乳の10倍です!

特集

FEATURE CONTENTS