牛肉で作る「干し肉」レシピ。簡単なひと手間で味わいアップ!

「干し肉」を使って、寒い季節の食卓を豊かに盛り上げてみませんか?今回は「牛肉」を使った干し肉レシピをご紹介。手間と時間をあまりかけずに、牛肉の味わいが確実にアップする干し肉の作り方を、おすすめの調理法と合わせてお伝えします。ひきこもりがちな冬場を楽しく乗り越えましょう♪

干すと旨味が格段にアップ!

テーブルに置いた、保存袋に入れた牛肉の塊

Photo by akiyon

晴れの日が続いて湿度が低い冬場は、野菜や肉などの食材を"干す"作業に向いているということをご存知ですか?そこで筆者は、素材の旨味が格段にアップする「干し肉」作りに挑戦することに!

これまで鶏肉や豚肉にトライしてきましたが、最後に「牛肉」を使った干し肉を作ってみましたので、その作り方をアレンジ料理と合わせてご紹介したいと思います。スーパーでお得な価格の牛肉の塊をゲットしたら、ぜひ挑戦してみてくださいね。簡単なひと手間を加えるだけで、思いがけない味の展開が楽しめますよ♪

牛肉を使った干し肉の作り方

それでは、牛肉を使って「干し肉」を作っていきましょう。おすすめの部位は脂身の少ない「モモ肉」です。輸入ものの比較的リーズナブルな牛肉でOK!

時間と手間をかけて熟成したビーフジャーキーを作るレシピもありますが、今回は下ごしらえと干す作業が、できるだけ簡単にできる方法をご紹介します。できあがりが半生状態なので、必ず加熱調理をして食べてくださいね♪

材料

テーブルに並べた竹ざる、牛肉の塊、調味料、ひもの専用ネット

Photo by akiyon

・牛肉(モモ肉がおすすめです)
・塩(必須)
・こしょうやハーブなど、お好みの調味料
・竹ざる、ひもの干し用ネットなどの干す道具

調味料は、あとでいろいろな料理に使えるようシンプルに。塩・こしょうのほか、風味づけとして乾燥ハーブなどをふりかけてもOKです。

作り方

1. 牛肉を好みの厚さにカットします

まな板の上のカットされた牛肉、ブロック牛肉、包丁

Photo by akiyon

今回は、厚さ6~7mmに切ったものと、小さめのブロックを用意。塊肉を使うと、いろいろな厚さ、大きさのものを作れるのでおすすめです♪

2. カットした肉を調味します

クッキングシートに並べ、塩コショーしたスライス牛肉

Photo by akiyon

カットした肉の裏と表両面に、塩こしょうなどで調味します。シンプルな味付けにしておくと、あとでいろいろなタイプの料理に使えて便利ですよ。

3. 冷蔵庫で半日~一日保存

冷蔵庫に入れた、保存袋入りの牛肉

Photo by akiyon

調味した牛肉をラップできっちりと包み、保存袋に入れて冷蔵庫へ。半日から一日くらいかけて味を落ち着かせます。夕食作りの合間にここまでの作業をして、翌朝から干し始めるのがおすすめです♪

4. ネットなどに並べて屋外で一昼夜干しっぱなし♪

ひもの専用ネットに並べた牛肉

Photo by akiyon

冷蔵庫から調味した牛肉を出したらざるやネットに並べて、屋外で約24時間干しっぱなしにします。干す場所は、直射日光が当たらない軒下などの屋外で、風通しのよいところを選びましょう。乾燥した日であれば、少し曇っていても大丈夫ですよ♪

ときどき気づいたときに肉をひっくり返して、表と裏の両面を乾かします。
軒下に吊るしたひもの専用ネット

Photo by akiyon

筆者はひもの干し専用ネットを使用。こんなふうにに軒下でぶらんぶらんと揺れて、よく乾きます。このネットは干すスペースが3段あるので、ひとつ持っていると一度にたくさん干せて便利ですよ。

5. 好みの硬さまで乾いたらできあがり!

特集

SPECIAL CONTENTS