さわらの炙り

さわらの皮は薄いので、剥がずに刺身にすることもあり、皮と身の間に旨味があるともいわれています。中でも皮面を炙った「さわらの炙り」は、皮の香ばしさと歯ごたえを楽しむことができる刺身です。

さわらのお茶漬け

刺身用のさわらをすりゴマ醤油にくぐらせ、ご飯にのせてだし汁をかけていただきます。いわば「鯛茶漬け」のさわらバージョン。淡泊で甘みのあるさわらに、温かい昆布だしの汁、鼻を抜けるわさびの香りが絶品です。

旬の新鮮なさわらは、刺身で味わうべし!

水分が多く鮮度が落ちやすいため、スーパーの店頭で見かけることの少ない「さわらの刺身」。自分でさばいて刺身にすると、まるで鯛やひらめのようなおいしさが楽しめますよ。ただし、新鮮な生食用のものを選んで、アニサキスにも注意してくださいね。 冬の脂がのったさわら、春のさっぱりとしたさわら、味の違いも気になるところ。酢でしめて「きずし」にしてもおいしいですよ。あなたも、ぜひ「さわらの刺身」をお試しくださいね♪
▼よろしければこちらの記事もご覧ください

特集

FEATURE CONTENTS