ライター : emi_

お料理を作るのはもちろん食べることも大好きです。仕事柄、地方に行くことが多いので、おいしいものはないかな?といつも探しています。趣味はわんこと公園で昼寝。たき火。皆さんにお…もっとみる

フライパンの選び方

素材

アルミニウム

アルミニウムのフライパンは、熱伝導にすぐれており、デザインもかわいらしいものが多く人気があります。 ただし、高温になると食材がフライパンにこびりついてしまうという、若干扱いづらい面もあります。お手入れはとても簡単、普段使っている中性洗剤で洗ってしっかり水気を切るだけです。

熱伝導性・蓄熱性が高く、頑丈なのが特徴的な鉄のフライパン。焦げても再生できるので一生モノとして使用できます。 長持ちのコツは、フライパン使用後、なるべく早く洗ってください。このとき、洗剤は使わないように。洗い水切りしたフライパンは火にかけ水分を飛ばしましょう。鉄なのでサビの原因になる水切りはしっかりしてくださいね。

ステンレス

高熱にも耐久性があり、丈夫で長持ち、保温効果も抜群でムラなく焼き上げてくれるのがステンレスのフライパンです。 もし、焦がしてしまったら、ステンレスクリーナーをラップに少量とり、やさしくこすって汚れを落としてくださいね。焦げがひどい場合は、重曹などを使ってください。

表面のコーティング

フッ素コーティング(テフロン)

フッ素樹脂加工のフライパン(テフロン加工)は、フッ素加工のおかげで焦げつきにくく、食材もフライパンにくっつかない。誰もが扱いやすいフライパンでもあります。 ただ、フッ素加工のフライパンは耐久性が低く、耐久年数は1から2年程度と思ってください。長持ちさせるコツは、使用後、しっかり熱を冷ましてからソフトなスポンジで洗うことです。熱いまま冷水で洗うと金属が収縮してしまい割れが生じる原因になります。

マーブルコート

マーブルコートのフライパンって白い点がたくさんあるけど何を加工したモノなのかな?と思いますよね。実は、フッ素樹脂に大理石の粉を混ぜた加工になるんですよ。大理石を混ぜているので、頑丈な作りです。フッ素コーティングよりも剥がれにくいフライパンでもあります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ