ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おいしいグルメ情報を発信します。

サーモスフライパンの4つのラインアップ

取っ手のとれるシリーズ(IH/ガス火両用)

「取っ手のとれるシリーズ」にはサーモスを代表するフライパンがそろっています。初めてサーモスのフライパンを購入する方や、どれにしようか迷うときにチェックしてほしいシリーズです。

特徴は優れた耐摩耗性と焦げ付きにくさを発揮する「耐摩耗性デュラブルコート」。ガスやIHだけではなくオーブンにも対応し、抜群の耐久性を誇ります。取っ手を外せるので、スペースをとりすぎることなくコンパクトに収納できるのも魅力です。

サイズ・付属品ラインアップ

・フライパン:20cm、24cm/24cm(深型)、26cm
・鍋:18cm
・付属品:専用取っ手、フタ

KFFシリーズ(IH/ガス火両用)

「KFFシリーズ」はサーモスのスタンダードなモデルです。一般的な浅型フライパンをはじめ、深型や卵焼きフライパンまで幅広くそろっています。「取っ手のとれるシリーズ」と同じく耐摩耗性デュラブルコートを施し、焦げ付きにくさに定評がありますよ。

深型フライパンは蓄熱性に優れており、食材にまんべんなく熱が通り加熱ムラができにくいつくりです。

サイズ・付属品ラインアップ

・フライパン:20cm/20cm(深型)、24cm/24cm(深型)、26cm、28cm/28cm(深型)、30cm(深型)
・卵焼きフライパン:通常、深型

KFDシリーズ(ガス火専用)

「KFDシリーズ」には、耐摩耗性デュラブルコートが採用され、軽量にもこだわったフライパンがそろっています。手にフィットするよう丸みのある取っ手も特徴です。薄い板厚のアルミが使われているので、あおり炒めが楽にできるのが魅力。大きなフライパンだと扱いにくいと感じる方におすすめです。ガス専用シリーズのフライパンのため、IHの方は使わないよう注意しましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ