ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

フライパンスタンドのタイプ

縦置き型

縦置き型は、タワーのように重ねるタイプのフライパンスタンドです。コンロまわりや観音開きのシンク下などコンパクトなスペースに収納できるのがポイント。スタイリッシュなデザインのものもあるので、見せる収納をしたい方に人気です。なお、縦置き型は収納数が最大4つ程度。フライパンの数が少ない方におすすめです。

横置き型

フライパンをシンク下の引き出しに収納したい方は、横置き型が便利です。出し入れしやすく、上から見たときに何がどこに入っているかがすぐに分かる点が魅力。仕切りを調整できるタイプが主流なので、フライパンの数が多い方におすすめです。

フライパンスタンドの選び方

収納可能個数をチェックする

フライパンスタンドは、収納したいフライパンの数と合わせ、蓋の数も考慮して選びましょう。一緒にフライパンスタンドに立てることで、キッチンがすっきりするだけでなく調理がスムーズにできますよ。

仕切りが可動式のものが便利

フライパンスタンドの仕切りは可動式のものを選ぶのがおすすめ。幅や高さを変えられるので、フライパンを買い替えたりサイズが変わったりしたときも対応できますよ。フライパンスタンドのサイズを調整することで、キッチンのスペースを無駄なく使えます。

【縦置き型】フライパンスタンド4選

1. パール金属「フライパンラック BLKP.シリーズ」

ITEM

パール金属「フライパンラック BLKP.シリーズ AZ-5056」

¥1,380

材質:鉄(エポキシ樹脂塗装) サイズ:約 幅18×奥行21×高さ29.5cm 収納可能数:3

※2021年5月7日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ