コンビニ飯で年末年始太りを予防!5つのポイントで簡単♪

年末年始はどうしても食べたり飲む量が増えるため、気づいたら体重が増えてしまった……なんていう経験、誰もがあるのではないでしょうか。実は身近なコンビニ飯で簡単にコントロールできるんですよ。たった5つのポイントで、どれも手軽にできるので年末年始太りの予防に備えましょう!

“コンビニ飯”でお手軽に年末年始太りを予防

12月は暴飲暴食しがちな一年でもっとも太りやすい時期

年末年始は忘年会やクリスマス、お正月とイベント事が重なり暴飲暴食しがちに。忙しいことも加わって、ついつい手軽なコンビニのお惣菜やお弁当に頼ってしまいがちです。

栄養が偏り不健康なイメージのあるコンビニ飯ですが、活用の仕方しだいでは健康的な食事に変えることができるんですよ。

そこで、年末年始太りを予防するコンビニ飯活用術を、管理栄養士の浅野まみこ先生が解説。5つのポイントに分けてご紹介します。

年末年始太りを予防する“コンビニ飯活用術”とは

1. “野菜ジュースファースト”で賢く血糖値をコントロール

空腹時に糖質ばかりの食事を急に摂ると、食後血糖値が急に上がってしまい、肥満の原因になりかねません。野菜を食前に摂ることによって血糖値の上昇を抑える効果があることが知られています。

カゴメの研究によると、野菜と同様に野菜ジュースを食前に飲む“野菜ジュースファースト”で、食後の血糖値の上昇を抑えられることが明らかになりました。(※1)

また、もっとも効果的なのが食事の30分前に飲むこと。コンビニで手軽に購入できる野菜ジュースで賢く血糖値をコントロールすることができます。

2. カット野菜でスープ類はボリュームアップ♪

具材が少なく栄養が偏りがちなコンビニのお味噌汁やスープ類、脂質や糖質に偏るカップ麺もカット野菜で手軽に野菜摂取が可能です。

手順は、簡単!コンビニで売っている袋入りのカット野菜をそのまま電子レンジで軽く加熱。しんなりしたら、お味噌汁やスープ、カップ麺に入れてお湯を注ぐだけで簡単にボリュームアップします。

たんぱく質が足りない場合は、温泉卵を加えるのもおすすめですよ。

3. いつでも買える優秀なコンビニ飯は“おでん”

いつでも買えるおでんは、迷ったらまず選びたい優秀なコンビニ飯です。中でも糖質が少なく、食物繊維、たんぱく質、ビタミンが豊富な大根やこんにゃく、白滝、昆布、卵などがおすすめ。

1個ずつ選べるため食べ過ぎを防げ、体を温めてくれるのもコンビニおでんのメリットです。また、おでんにトマトジュースとチーズをかけでレンジでチンする簡単アレンジは、さらに栄養価がアップするのでおすすめですよ。

4. 魚の缶詰や魚肉ソーセージで手軽に血液サラサラ

魚の油には血液凝固低下作用、中性脂肪低下作用のあるオメガ3脂肪酸のDHAやEPAが含まれています。特に青魚にはDHAやEPAが豊富に含まれていますが、現代の食生活では、日常なかなか魚を食べる機会は少ないもの。

そこでおすすめなのが、サバやサンマ、イワシの缶詰とDHA入り魚肉ソーセージです。さんま蒲焼の缶詰やサバ缶、イワシ缶など、コンビニでもよく見かける缶詰や魚肉ソーセージなどは、手軽にDHAやEPAの摂取ができますし、免疫力を上げて風邪予防にも役立つビタミンDも豊富です。

5. お腹が空いたら、オヤジコーナーへGO!

お腹が空いて何か食べたい……!そんな時にコンビニでお菓子やジュースを買ってしまうと罪悪感が残るもの。そんなとき便利なのは、スルメや、うずらの卵の燻製、ナッツ、チーズ、おやつ昆布などが置いてあるオヤジコーナー、つまりおつまみコーナーです。

おつまみコーナーにある食材は、どれも低糖質のものが多く、うずらの玉子、するめやチーズを選べば、たんぱく質が豊富。昆布やナッツでミネラル補給もおすすめです。

塩分が高いのが難点ですが、オヤジコーナーを上手に使うことで、年末年始太りも回避できます。

※1 参考:食事30分前の200ml程度の野菜ジュース摂取がメタボ改善につながる

2015年1月のカゴメの調査によると、食事30分前の野菜ジュースの摂取により、メタボの原因のひとつである食後血糖値の急激な上昇を抑えることが、ヒト試験で明らかになりました。
また、2015年4月のカゴメの調査によると、 200ml程度の野菜ジュースを食前に飲むことが食後の血糖値上昇抑制に効果的であると確認されました。

いつでも近くにあるコンビニで賢く選択

特集

SPECIAL CONTENTS