6. グローサラント

Photo by macaroni

「グローサラント」とは、“grocery” と “restaurant” を組み合わせた造語。簡単にいうと、スーパーマーケットの中にレストランが併設されたスタイルのことです。アメリカ発祥で、日本では成城石井などの大手スーパーで導入され始めているんですよ。 グローサラントでは、店舗で販売されてる食材をそのまま厨房で調理します。簡単に本格的な食事が楽しめるということで、評判も上々。 食べてみたい食材を気軽に試せるのもうれしいポイントですね。レシピを公開している店舗もあるので、自宅で挑戦することもできますよ。

7. 進化系ミールキット

Photo by macaroni

2017年からトレンドワード入りしている「ミールキット」。カット済みの野菜や下ごしらえ済みの肉や魚、調味料など、調理に必要な材料一式が自宅に届けられるサービスです。 時短に役立つほか、手軽においしい料理を楽しめることから、共働き世帯での需要が高まっています。これまでの定番だった “栄養・時短重視” のミールキットから、最近では自宅でシェフの味を再現できるセットやオーガニック食材でそろえたものが増えています。 わたしたちの食を豊かにしてくれる「進化系ミールキット」に、今後も期待……!

8. ルビーチョコレート

Photo by macaroni

2017年、チョコレート界に激震を与えた「ルビーチョコレート」。この見た目にも関わらず、着色料や香料などは一切使用していません。 チューリッヒの企業「バリーカレボー」が、ルビーカカオを用いることでピンク色のチョコレートを完成させたのです。“80年ぶりの奇跡” としてチョコ好きの心をときめかせましたが、スーパーやお菓子屋さんで見かけることは、あまりありませんでした……。 macaroni編集部では、世間に広まるのは、これからだと見込んでいます。今年のバレンタイン商戦では、ピンク色のルビーチョコレートが席巻するかも!?

9. カップ冷凍食品

2018年11月にセブン-イレブンから発売された、カップ容器入りの冷凍食品。「炒め油香るカップチャーハン」(213円)は、その手軽さに称賛の声が集まりました。これまでも、器に移すタイプの冷凍ごはんはありましたが、器も出さずに、そのまま食べられるのはうれしい限り。 時短アイテムが重宝されるなかで、今後も注目が集まるのでは……? シェフ監修商品や高級食材の使用など、リッチ化も進みそうですね。

内食編

10. 真空調理

Photo by BONIQ

わたしたちの食生活を手助けする調理家電。最近ではおうちごはんを格上げする、進化系アイテムが増えています。なかでも、今年macaroni編集部が注目しているのが「真空調理家電」。 真空調理とは、下ごしらえ済みの食材を専用の袋に入れ、低温で加熱する調理法のこと。鮮度を保てるほか、保存期間が伸びる、少ない調味料で調理できるなどのメリットがあるんですよ。 以前に紹介した「BONIQ」なら、ミディアムレアのお肉を仕上げるのもお手のもの。時短調理かつ、自宅で上質な料理を楽しめるのはうれしいですよね。

11. カリフラワーライス

いまや定番のダイエット法、糖質制限。この糖質制限に欠かせないのが、お米やパンなどの炭水化物を減らすこと。ダイエット先進国のアメリカでは、「カリフラワーライス」が主食の代用品として活躍しているんです。 2018年の11月には、イオンからも「お米のかわりに食べる カリフラワー」(税込 267円)が発売され、わたしたちも手に入れやすくなりました。 年明けから夏にかけては、カリフラワーライスの需要も高まるはず……!ダイエッターさんは注目ですよ。
Photos:8枚
パスタを持ち上げる女性
食材が並んでいる様子
ルビーチョコレートとカカオ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ