ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

余った「田作り」をリメイク!

Photo by muccinpurin

カリッと香ばしいごまめと、香り豊かなくるみの食感が楽しい「田作り」。大人から子どもまで人気のおせちですが、株式会社CaSyのおせちに関する調査結果で、実は残ってしまうおせちランキングで上位に入っているんです……。 すでに完成された味わいの田作りですが、ひと手間加えてアレンジしちゃいましょう。アレンジレシピがあれば、残った田作りもあっという間に消費できますよ!

1. ミルで一瞬!「田作り生ふりかけ」

Photo by muccinpurin

すでに砂糖やしょうゆで味が付いている田作りですから、ミルにかけて細かくするだけで、カルシウムたっぷりのふりかけに早変わりします! ホカホカのごはんにかければおかわり必須ですし、ごはんに混ぜておにぎりにすればあっという間に消費できそうですね。 砂糖やみりんが入っているので、しっとりとした贅沢な「生ふりかけ」に仕上がりますよ。

2. まさかのスイーツ!「田作りフロランタン」

Photo by muccinpurin

「カリッと香ばしい」という共通点からヒントを得た「田作りフロランタン」は、お好みのクッキーやクラッカーに田作りをのせるだけでできる、お手軽おやつ。 はちみつやメープルシロップで甘さをプラスすれば、おせちだったことを忘れてしまうほどの仕上がりに♪ 新年会のオードブルとしても活躍してくれそうです!

材料

・田作り……適量 ・はちみつ(またはメープルシロップ)……適量 ・クラッカー(またはクッキー)……適量

作り方

田作りを耐熱容器に入れ、はちみつをひと匙程度加えます。500Wのレンジに10秒かけて全体を混ぜ、クラッカーにのせて冷まします。

3. シャキシャキが新鮮!「田作りきんぴらパン」

Photo by muccinpurin

実は田作りときんぴらに使う調味料はほとんど同じ。そこをうまく利用して、カリッと食感が新しい「田作りきんぴら」にリメイクしちゃいましょう。 そのままでももちろんおいしいですが、パンと合わせてオープンサンドにすれば、大満足な朝食のひと品に。マヨネーズと七味をプラスして、ベーカリーに並んでいるような完璧な仕上がりです。 まさか田作りが入っているなんて、誰も気づかないほど自然なリメイクですよ。

リメイクで田作りの新しい魅力発見!

Photo by muccinpurin

こうして田作りをリメイクしてみると、そのカリッとした食感や懐かしい甘さがどんな料理とも相性がよく、新しい田作りの一面を発見できた気がしますね。 今度のおせちは、リメイクするために田作りを余らせるというのも、アリかも!?
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS