ステーキ以外にも!万能!宮のタレの使い方・アレンジレシピ8選

さっぱりとしたコクのある味わいで人気の「宮のタレ」という調味料をご存知でしょうか。お店の味わいをお家に居ながら楽しめるんだとか♪ 今回は宮のタレのおいしさの秘密やこだわり、基本の使い方を解説◎アレンジレシピも8選ご紹介します。

2018年12月7日 更新

宮のタレが万能でウマすぎ!

生野菜の旨みがぎっしり!ステーキ宮の味を家庭で!

おいしいステーキやハンバーグをリーズナブルな価格でいただける「ステーキ宮」。その人気を後押ししているのが同店のステーキソースなんです。生のすりおろし野菜が入ったソースは、旨みもたっぷり、野菜の風味さえも感じられるほどの味わいです。

人工甘味料や保存料も一切使われておらず、品質を保つために加熱処理も行われていない“生たれ”にこだわっています。

原材料

原材料は、たまねぎ、にんにく、本醸造醤油、醸造酢のみのシンプル仕立て。余計なものが入っていないからこそ、お肉の旨みを引き立てるおいしさがあるんです。

もちろん、材料となる醤油やお酢にも保存料は使われていない、という徹底ぶりです。

カロリー・栄養

宮のタレに含まれる成分は、たんぱく質2.8g、脂質0.1g、炭水化物7.9g、ナトリウム1,400mgなどとなっています。カロリーは、100gあたり45キロカロリーです。ひとり分だとおよそ50g、約22.5キロカロリーと、とってもヘルシーなんですよ。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう