生と乾燥の違いは?ローズマリーの香りを楽しむおしゃれレシピ15選

数あるハーブの中でも、知名度の高いローズマリー。最近ではスーパーでもかんたんに手に入る、身近なハーブのひとつですよね。今回は生のローズマリーと乾燥ものの違いを解説。使い分けの方法など、おいしいレシピ15選と一緒にご紹介します。

2018年12月3日 更新

3. サバのローズマリーガーリックソテー

ローズマリーは、お魚の調理にもよく合います。生臭さを抑えるとともに、においの強いお魚に使えば、ほかの食材との調和にも役立ちます。ご紹介のレシピは、さばとガーリックに合わせたひと品。フレッシュなトマトソースで爽快感をプラスします。

4. イワシのローズマリー風味

イワシは身がやわらかくておいしいのですが、特有の魚臭さが強い魚でもあります。そんな時にも、ローズマリーを合わせるのがおすすめですよ。乾燥ローズマリーを散らしてオイル漬けにしてからソテーで仕上げましょう。白ワインのお供にぴったりのひと品です。

5. ラムチョップのローズマリーグリル

ラム肉もローズマリーと相性のいい食材です。ラム特有の香りが大好物!という方を除いては、下味にローズマリーを加えることで、ラム特有の香りを抑えることができるので食べやすくなりますよ。口に残る香りもすっきりとしたものになります。

6. 牛すじ肉のローズマリー煮込み

ローズマリーはローリエの代わりに煮込み料理に使うのにも向いています。長時間煮込むほど香りが強くなりますので、香りを控えめにしたい場合は、ある程度煮込んだところに加えるのがおすすめですよ。

ローズマリーを使った副菜レシピ3選

7. ローズマリーポテト

香りのいいローズマリーは、アクセントの効いた副菜に使うにもおすすめです。献立の味わいに変化をつけることもできるので、全体的なまとまりを考えても深みがでるんです。まずは、ポテトと合わせたレシピをご紹介。定番とも言える相性のいい組み合わせです。

8. トマトとナスのローズマリー焼き

旨みの効いたグリル野菜にも、さっぱりとした香りで味わいの変化をつけてみましょう。ジューシーなナスとトマトは、火が通ることで甘みがアップ♪ ローズマリーが入ることで味がしまります。ベーコンを加えてみてもおいしくいただけそうですよ。

特集

FEATURE CONTENTS