生と乾燥の違いは?ローズマリーの香りを楽しむおしゃれレシピ15選

数あるハーブの中でも、知名度の高いローズマリー。最近ではスーパーでもかんたんに手に入る、身近なハーブのひとつですよね。今回は生のローズマリーと乾燥ものの違いを解説。使い分けの方法など、おいしいレシピ15選と一緒にご紹介します。

2018年12月3日 更新

ローズマリーを使った肉・魚料理レシピ6選

1. チキンのローズマリーソテー

ローズマリーを使った料理は幅広く、さまざまなものに使われます。中でも多いのが、お肉やお魚に使う方法です。最初にご紹介するのは、鶏のソテーに使うレシピ。塩こしょうでソテーする際にローズマリーを加えることで、臭み消しにもなり、香りもよくなります。

2. 豚肉のローズマリーソテー

続いては厚切りのポークソテーと合わせたひと品。豚肉をソテーする際にローズマリーを一緒に焼くだけでなく、漬け込んでから仕上げるレシピです。濃厚な脂身も、ローズマリーの清涼感ある香りでさっぱりといただけますよ。

3. サバのローズマリーガーリックソテー

ローズマリーは、お魚の調理にもよく合います。生臭さを抑えるとともに、においの強いお魚に使えば、ほかの食材との調和にも役立ちます。ご紹介のレシピは、さばとガーリックに合わせたひと品。フレッシュなトマトソースで爽快感をプラスします。

4. イワシのローズマリー風味

イワシは身がやわらかくておいしいのですが、特有の魚臭さが強い魚でもあります。そんな時にも、ローズマリーを合わせるのがおすすめですよ。乾燥ローズマリーを散らしてオイル漬けにしてからソテーで仕上げましょう。白ワインのお供にぴったりのひと品です。
2 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう