提供 株式会社レインズインターナショナル

塊肉をオシャレに。「うわみすじのアヒージョ風アレンジ」

2018年12月10日放送のTOKYO FM【高橋みなみのこれから、何する?】に登場した「うわみすじのアヒージョ風アレンジ」のレシピを動画でご紹介。アヒージョのようにして食べられるのでお酒との相性も抜群。女性好みの洋風メニューに変身します。

材料

(1〜2人分)
  • 赤身(うわみすじ)1人前
  • しらすのペペロン塩キャベツ1皿

作り方

1

しらすのペペロン塩キャベツをホイルのまま網にのせて熱します。オイルの表面が泡立ち、香ばしくなったら火からおろします。

2

<赤身(うわみすじ)の美味しい焼き方>
熱した網に赤身(うわみすじ)を塊のままのせて両面をこんがりと焼きます。

3

肉に焦げ目がつく程度に焼けたらハサミで4等分にカットします。

4

熱々のしらすのペペロン塩キャベツと一緒に召し上がれ♪

コツ・ポイント

キャベツの甘さとしらすの程よい塩気は、赤身の旨味が濃厚なうわみすじと相性抜群です。肉厚なままお肉を焼くから肉汁が中にギュッと凝縮。ジューシーに焼き上がります♪大きくカットして贅沢に召し上がれ。※しらすのぺぺロン塩キャベツは、焼肉レストラン・牛角のメニューです。
▼関連の動画はこちら

特集

FEATURE CONTENTS