ライター : macaroni公式

こんにちは。macaroniの公式アカウントです。最新の様々な情報をみなさんにお届けします。

10/29放送「高橋みなみの、これからお料理しちゃう?」

2018年10月29日放送のTOKYO FM「高橋みなみの、これから何する?」番組内コーナー【これから、お料理しちゃう? supported by macaroni】。このコーナーでは毎回、食にまつわるトレンドやおすすめ食材&レシピをプロの料理家が伝授!今すぐ使える、おいしいメニューを紹介しています。 今回の番組ゲストは、Instagramのフォロワー数およそ7万5000人を誇る@coco_kontasu こと、かおりさん。薬膳アドバイザーの資格も持つ料理研究家で、身体にやさしいふだんごはんの提案が支持されています。
高橋みなみさん(以下たかみな):かおりさん、よろしくお願いします! かおりさん(以下かおり):初めまして、よろしくお願いします! たかみな:かおりさんのインスタ拝見しました!本当においしそうですし、おかずのバランス最高ですね。食べたら健康になりそうな。身体のことをすごく考えられているなって思いました。かおりさんの得意料理はなんですか? かおり:ちょっと地味になっちゃうんですけど、お野菜たっぷりのお味噌汁です。 たかみな:お野菜たっぷり、最高ですね。だしはどういう風に? かおり:昆布とかつおで取ったりしますね。 たかみな:いいなあ。お味噌汁飲むと幸せになりますよね。そんな、身体に染み入る素朴なおうちごはんが得意なかおりさん!今日教えてくださるメニューはなんでしょうか?

Photo by coco_kontasu

かおり:はい、食塩無添加ライトツナを使った「ピリ辛ツナじゃが」です。  たかみな:え、肉じゃがじゃなくて、ツナじゃが?しかも、食塩無添加なんですね?うーん、良い香り!わたし肉じゃが大好きなんですが、見た目は肉じゃがですけど……ツナなんですね。 かおり:はい、召し上がってください。 たかみな:うわ、おいしい!ちょっとピリ辛。ご飯に合う、ご飯食べたーい! かおり:わあ、ありがとうございます。ラー油がかかってるんですよ。 たかみな:ラー油か!これは肉じゃが好きもたまらないですね、ふつうの肉じゃがより好きかも!!

お肉いらずの「ピリ辛ツナじゃが」

たかみな:さっそく材料と一緒に作り方を教えてください。何からいきましょう? かおり:まずは材料を切ります。玉ねぎはくし形、にんじんは乱切り、じゃがいもは半分に切ります。じゃがいもが大きい場合は4等分にしてください。 たかみな:野菜を切りました。そして? かおり:切った野菜を炒めます。玉ねぎが半透明になってきたら、だし汁、料理酒、みりん、合わせみそ、お醤油、ラー油、そして、水切りしたしらたき、ツナ缶をまるごと加え、落とし蓋をして煮込みます。

ツナ缶のスープも残さずに使って

たかみな:だし汁はどんなものがいいんでしょうか? かおり:ツナ缶のスープをすべて使います。それだけでもしっかり味が付いているので、だしを取る時間がない場合は、ツナ缶のスープと水1カップでも代用可能です。顆粒だしを使ってもいいんですけど、天然のおだしを使うとさらにおいしさが増します。 たかみな:合わせみそは何がいいですか? かおり:そうですね、甘いお味噌でなければ、何でもOKです。 たかみな:ツナ缶だけでもおいしくなるんですね。 かおり:今日使っているツナ缶は、いなば食品の「食塩無添加ライトツナ」なんですが、キハダマグロを煮出した野菜スープとミネラルウォーターだけで仕上げているので食塩無添加なんです。 たかみな:すごいなあ。 かおり:なので、さまざまなお料理に加えることができて、ご家庭の味や自分好みの味付けが楽しめるんですよ。 たかみな:缶詰に入っているスープがすべて使えるっていいですね! かおり:そうなんです!ツナからもおいしいだしが出てくるので、余計な調味料を入れる必要がないんですよ。また、お肉の代わりにツナを入れることでカロリーカットに繋がります。

仕上げはお好みで♪

Photo by coco_kontasu

たかみな:ツナ缶ってほんと万能ですよね。お肉の代わりにもなるし、味も決まるっていう。落とし蓋をしたら、どれくらい煮込んだらいいですか? かおり:じゃがいもが柔らかくなるまで10分から15分ほど煮込みます。あとは器に盛り付けて、刻みねぎを散らしてできあがりです。 たかみな:煮込むとじゃがいもが煮崩れするのが心配なんですけど、どうしたら良いでしょうか? かおり:落とし蓋をすると、煮込んでいる間に具材どうしがぶつからなくなるので煮崩れを防げます。 たかみな:それで落とし蓋なんですね。できあがりの目安はありますか? かおり:汁気が飛んだらでも良いですし、おつゆが多い状態で火を止めてつゆだくにしてもおいしいと思います。そこはもう、お好みで仕上げてください。 たかみな:わたしラー油大好きなので、追いラー油してもいいですよね!? かおり:良いですね。ぜひ追いラー油しちゃってください♪ たかみな:ふつうの肉じゃがと違ってオトナな感じですし、これ絶対お酒にも合うと思いました。 かおり:日本酒が進みます。(笑) たかみな:いいですねー。ご飯もススムし、今夜のおかずにおすすめです。かおりさん、今日はすてきなレシピを教えてくださってありがとうございました! かおり:ありがとうございました!

「ピリ辛ツナじゃが」のレシピ

材料(2人分)

・ツナ缶:2缶 ・じゃがいも:2個 ・にんじん:1/2個 ・たまねぎ:1/2個 ・結びしらたき:4-6個 ・小口ねぎ:適量 ・サラダ油:小さじ1杯 a. 出汁:1カップ a. 料理酒:大さじ1杯 a. みりん:大さじ1杯 a. 合わせ味噌:小さじ2杯 a. しょうゆ:小さじ1杯 a. ラー油:小さじ1/2杯

下ごしらえ

・しらたきは水気を切っておきます(下茹でが必要な場合は下茹でします)。 ・切ったじゃがいもは10分ほど水に漬けておきます。

作り方

①玉ねぎはくし切り、にんじんは乱切りにします。じゃがいもは大きさに合わせて2等分または4等分にします。 ②鍋にサラダ油を引いて、にんじん、じゃがいも、玉ねぎを炒めます。 ③玉ねぎの色が半透明になってきたら、(a)の材料、しらたき、ツナ缶をスープごと加え、落とし蓋をして煮込みます。 ④10〜15分ほど煮込み、じゃがいもが柔らかくなったら器に盛り付け、刻みねぎを散らして完成です。
▼かおりさんのレシピをチェック
▼ツナ缶が大活躍!おすすめレシピ
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS