おしゃれな朝食を叶える!パニーニのアイデアレシピ10選

挟んで焼くだけのイタリア発祥の「パニーニ」。好きな具材を挟んで焼くだけの簡単レシピです。きれいな網目模様が特徴のパニーニは、食卓を一気におしゃれに変身させてくれますよ。今回はそんなパニーニに挟む具材のアイデアレシピをご紹介します。

意外と簡単!パニーニで優雅な朝食を♩

料理ひとつでいつもの朝食よりちょっぴり贅沢な朝食が叶う、イタリア発祥のサンドイッチ「パニーニ」。今回は、そんなパニーニに挟む具材のアイデアレシピをご紹介!パン生地から作る本格レシピから、食パンで簡単にできる時短レシピまで、バリエーション豊かなメニューをまとめました。

週末の朝やちょっと優雅な朝にしたいときは、ぜひご自宅でつくってみてくださいね。

パニーニとは?

パニーニとは、パンで具材を挟んだイタリア発祥の軽食です。イタリア語の意味ではハンバーガーやホットドッグも含むので、具材を挟んだ軽食全般のことを指しますが、日本では、網目模様の焦げ目がついたホットサンドとして主に知られています。

本場イタリアでは「チャバッタ(Ciabatta)」と呼ばれるパンでパニーニを作ることが多く、やさしい味わいでもちもちとした食感が特徴です。日本ではこのチャバッタのパンを使用して作るパニーニはもちろん、食パンを使用して作るものもパニーニと指すようです。

現在パンの表面がきれいな網目がつくパニーニ専用の「パニーニプレート」も販売されているようです。きれいな網目が作りたい方は、そちらもチェックしてみてくださいね。

まずはここから!パニーニ生地のレシピ

ボウルに強力粉、薄力粉、砂糖、塩、ドライイースト、オリーブオイル、人肌に温めた水と牛乳を入れてスプーンで混ぜます。まとまったら台に移し、なめらかな生地になるよう捏ねましょう。

生地を再びボウルに戻したら、湿ったキッチンペーパーをのせ、ラップをし、室温で30分発酵させましょう。発酵し終わったらやさしく潰して空気を抜き、丸く成形して湿ったキッチンペーパーをかぶせて10分置きます。生地を細長く伸ばしお好みのフィリングをのせたら、平たい楕円形になるように包み、180度に温めたオーブンで18分ほど焼いて完成です。

食パンでも!パニーニの具材アイデアレシピ10選

1. ハムとアスパラのパニーニ

半分にカットしたパンの断面に、マヨネーズとバターを塗りましょう。片方のパンの上にハム、チーズ、茹でたアスパラをのせたらもう半分のパンで挟みます。フライパンの上にパンを置いて、お皿をかぶせて抑えつけながら両面焼いていきましょう。きれいな焦げ目がついたら、半分にカットし完成です。

2. プルコギパニーニ

プルコギのたれを使用して、プルコギを作ります。二等分にスライスした片方のパンをパニーニプレートにのせ、チーズ、プルコギ、パンの順にのせていきましょう。パニーニプレートをプレスして、お好みの焼き色になるまで焼いたら完成です。

3. ヒレカツパニーニ

パニーニプレートを温めます。パンの断面にマヨネーズを塗り、キャベツ、ソース、ヒレカツ、パンの順にのせていきます。プレートの表面に薄くバターを塗りパンをのせて、きれいな焼き色が付くまで焼いたらできあがり。

4. アボカドいんげんのおかかパニーニ

いんげんは筋を取って電子レンジで2分ほど加熱します。ボウルにカットしたいんげん、アボカド、クリームチーズ、醤油、鰹節を入れて全体に味が行き渡るように和えましょう。食パンで具材を挟んで、きつね色になるまで焼いたらできあがりです。

5. しらすと大葉の和風パニーニ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう