江戸ソバリエが教える「すだちそば」のレシピ!作り方のコツも

インスタ映えがすると人気なのが、すだちそばです。見た目が華やかで美しいだけでなく、さわやかな香りと味で食欲が落ちる夏場でもスルスルと食べられます。つゆを冷やした「冷やがけ」が基本ですが、温そばなどのアレンジもご紹介します。

2018年11月19日 更新

フォトジェニックな「すだちそば」が大人気!

すだちは、ユズやカボスなどの仲間である柑橘類です。サンマの塩焼きや松茸の土瓶蒸しに添えられことが多いですね。主要な産地は四国の徳島県で、カボスは九州の大分県の特産物です。すだちはカボスよりは、やや小振りで皮が薄いのが特徴です。

路地物のすだちの旬は8月から9月にかけての夏場です。だから冷たい「すだちうどん」や「すだちそば」によく使われます。

お家で絶品♪ すだちそばレシピ

すだちそば

Photo by shucyan

かけそばにたっぷりのスダチの輪切りを散らしたのが「すだちそば」です。つゆは温かいかけそばと、かけ汁を冷やした「冷やがけ」があります。すだちの収穫時期とさわやかな香りから、夏場には冷やがけが好まれています。

材料(2人分)

そば

Photo by shucyan

・そば……2人前
・すだち……2、3個
・そばつゆ……300cc

作り方

1. 麺をゆでる

鍋でゆでるそば

Photo by shucyan

そばは、乾麺でもゆで麺でもOKです。袋に指定された時間をゆでて、しっかりと水を切ってください。パスタやラーメンでは固めにゆでて「アルデンテ」な状態にすることが常識ですが、日本そばの場合は、ゆで足りないと粉っぽく感じます。

生麺・乾麺なら腰はゆで残すのではなく、冷水にさらすことで引き出すのが基本です。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう