4. 山椒と調味料を混ぜ合わせる

Photo by 大山磨紗美

3のすり鉢に2の調味料を入れ、しっかりとすり混ぜたら完成です。

きれいに作るコツ

木の芽味噌は山椒の葉の美しい緑と香りが特徴です。白味噌を使うと、色・香りともに山椒の葉の魅力を引き立てられます。

白味噌の代わりに米味噌を使ってもOKです。味噌のコクに山椒の香りがふんわりと漂う山椒の葉の味噌ができますよ。

山椒味噌の保存方法

Photo by 大山磨紗美

山椒味噌は除菌をした密閉容器に入れて保存します。食べるときは除菌したスプーンで取り出し、冷蔵保存では2週間で食べきるようにしましょう。

また、冷凍保存も可能です。冷凍保存の場合、除菌済みの密閉容器に入れたあと、味噌の表面にラップを密着させてふたを閉めます。冷凍庫で約半年保存ができますよ。

山椒味噌を上手に活用!おすすめレシピ7選

1. 前菜にもデザートにも。山椒味噌のフラン

卵と豆乳で作ったフランに、木の芽味噌のソースをかけるレシピ。冷奴よりもつるんとなめらかな食感です。山椒の風味と豆乳のコクがマッチして、さっぱりなのに食べ応えのあるひと品に。デザートとしても前菜としても楽しめます。

2. 箸休めに最適。たけのこの山椒味噌和え

山椒の爽やかな風味は、こってりした料理を食べる際の箸休めに最適です。木の芽を使う白味噌ベースの和え衣がたけのこによく絡まり、絶妙な味わいに。食感と香りの両方を堪能できるひと品です。飾り用の木の芽をのせれば、見た目が上品に仕上がりますよ。

3. 白身魚を香ばしく。さわらの山椒味噌焼き

田舎味噌と木の芽を混ぜた味噌をさわらにのせる焼き物です。作り置きの山椒味噌を使えば簡単に作れますよ。白味噌ベースの山椒味噌はクセの少ない白身魚と相性バッチリ。西京焼きよりもさっぱりとして、山椒がふわっと香るの大人の味わいです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ