適量を覚えよう!ワインのカロリーと太りにくい飲み方【管理栄養士監修】

「ワインのカロリーは高いの?」ダイエット中でもワインを楽しみたい人にとって気になるのがカロリー。太りにくい飲み方、食べ方を知ることで、ダイエット中でもワインを楽しむことができるのです!ワインに合うおすすめのおつまみもご紹介しています。

2018年11月19日 更新

アルコールのカロリーだけじゃない!糖質という思わぬ落とし穴。

アルコール自体のカロリーは、一部熱エネルギーに変わるとお伝えしましたが、お酒のカロリーはアルコールだけではありません。ワインの場合には、原料のぶどうに含まれる糖分などのカロリーも含まれていますし、ジュースなどで割ればその分の糖質やタンパク質、脂質のカロリーもプラスされることになります。

ジュースで割ると飲みやすくなるため、「つい飲み過ぎてしまった!」なんていうことはありませんか?甘くて飲みやすいお酒には、糖質などのアルコールのカロリー以外の部分に、カロリーを押し上げる落とし穴があることをお忘れなく!

ダイエット中のワインの選びはカロリーと◯◯に注意!

赤ワイン、白ワイン、ロゼワインについては、種類によるカロリーの差はほとんどないので、お料理によってワインの種類を変えて飲むと、楽しみが広がっていいですよね!スパークリングワインやシャンパンは、上記のワインに比べるとカロリーは高めなので、飲む量には注意が必要です。

厚生労働省は、「節度ある適度な飲酒は、1日平均純アルコールで20g程度の飲酒」と定義しています。女性や高齢者、お酒の弱い人は、これより飲酒量を少なくすべきであると推奨しています。(※出典4)

ワインのアルコール度数は12%ほどなので、アルコール量20gではグラス2杯弱程度。好きなワインを適量で楽しむことが大切で、ダイエット中にはやはり「飲む量」に注意することが必要ですね!

一緒に食べるおつまみにもポイントが!

せっかくワインのカロリーを抑えても、「おつまみでカロリーオーバー!」なんてことになってしまったらもったいないですよね。太りにくいおつまみの選び方を身につけておくことでダイエット中でも楽しくワインを楽しみましょう。

太りにくいおつまみの選び方のポイントは2つ。

1つ目は、カロリーを抑えること。ダイエット中は、摂取カロリーを消費カロリーより少なくする必要があります。(※出典5)おつまみのカロリーもできるだけ控えたいですね!

2つ目は、お酒との食べ合わせ。肝臓に負担をかけないためには、食べながら飲むことが大切です。良質のたんぱく質がとれる食材やビタミン、ミネラルが豊富な食材を選びましょう!ただし、お酒は食欲を増進させるので、食べ過ぎには注意が必要です。(※出典6)

カロリー控えめ!太りにくいおつまみレシピ3選

太りにくいおつまみのポイントは、カロリーを抑えることと、お酒との食べ合わせを考えること。今回は、ワインにオススメのレシピをご紹介します。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS