4. ラップをして2倍の大きさになるまで発酵させる

Photo by uli04_29

生地の表面を整えながら、まるめます。閉じ目を下にして、ボウルに入れたらラップをして常温で1時間以上置いておきます。生地の大きさが2倍に膨らめば発酵完了です。 ※室温が低い秋や冬は、電子レンジの発酵機能を使ったり、部屋の暖かい場所で生地を発酵させてください。

5. 生地を24cmの円形に伸ばす

Photo by uli04_29

生地が2倍に膨らんだら、ボウルから取り出して直径24cmの円形になるように伸ばしていきます。手で引っ張るように伸ばしても、麺棒で伸ばしても大丈夫です。 ※24cmは目安です。お使いのオーブンに入る大きさになるように伸ばしてください。

6. トマトソースを塗る

Photo by uli04_29

ピザ生地をクッキングシートや、油を薄く塗ったアルミホイルの上に移動させてから、トマトソースを塗ります。均等になるように塗っていきましょう。

7. チーズとバジルをのせる

Photo by uli04_29

大きなモッツァレラチーズは適当な大きさにちぎりながら、バランスをみてのせていきます。仕上げにバジルをのせます。 ※バジルの香りをより楽しみたい場合は、焼き上がってから生のバジルを散らしてください。

8. 250度に予熱したオーブンで10分ほど焼いて完成

Photo by uli04_29

250度に余熱したオーブンに、ピザを素早く入れたら10分ほど焼きます。チーズが溶けて、ピザ生地の端に焼き色がついたら焼き上がりのサインです。

作るときのコツ

ピザ生地を発酵させる時間がない場合

今回ご紹介したピザ生地は、しっかり発酵させることで中はもっちり、外側はバリッと焼き上がるタイプのものです。 生地を発酵させる時間がない場合は、ドライイーストの代わりにベーキングパウダーを3gから5g使ってください。生地をまとめたら、すぐに伸ばして焼くことができます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ