ライター : ako0811

ひき肉で簡単!肉じゃがの作り方

Photo by ako0811

加える水分を最小限にし、肉と野菜の旨味をぎゅぎゅっと詰め込んだ肉じゃがは、ほくほくでしみしみ。 何度食べても飽きない定番おかずです。ひき肉を使うことで肉の旨味が全体に絡んで、ごはんが止まらない味になりますよ。 本記事では、シンプルな調味料で食材の旨味を存分に生かす作り方をご紹介します。初心者さんでも真似できる簡単な調理工程なのでぜひ挑戦してみてくださいね。

材料(4~5人分)

Photo by ako0811

  • 合挽き肉 250g
  • じゃがいも(男爵) 4個
  • 玉ねぎ(大) 1個
  • にんじん 1本
  • しらたき 1袋
  • 三つ葉やきぬさや お好みで
  • 調味料
    • 1/2~1カップ
    • 砂糖 大さじ2杯
    • みりん 大さじ4杯
    • 大さじ3杯
    • しょうゆ 大さじ4杯

作るときのコツ

  1. ひき肉はあらかじめ炒めてポロポロにし、野菜に火が通ってから加えます。
  2. 調味料を加える順番にも注意してください。
  3. 最小限の水分で煮ることで、野菜と肉本来の味わいがつまって、ほっくりとした食感を楽しめますよ。

作り方

1.具材の下準備をする

じゃがいもの皮に切れ目を入れる様子

Photo by ako0811

じゃがいもはきれいに洗い、皮にぐるりと一周浅く切れ目を入れます。十字に切れ目を入れておくとむきやすくなります。皮つきのまま、10分ほど下ゆでします。 ※じゃがいもは下ゆでしておくことで、味が浸みこみやすくなり、煮た際に煮崩れせずきれいな仕上がりになります。時間のない方は、適当な大きさにカットしてレンジで加熱してもOKです。
じゃがいもを水にさらし皮をむいている

Photo by ako0811

下ゆでしたら、さっと水にさらします。皮を簡単にむくことができます。粗熱が取れたら、大き目の乱切りにしましょう。
トレーに並べられたカットされたにんじんと玉ねぎ

Photo by ako0811

にんじんは、食べやすい大きさの乱切りにします。玉ねぎは半分にカットして、さらに繊維に沿って8~10等分程度のくし切りにします。
鍋でしらたきをゆでている様子

Photo by ako0811

しらたきは、分量外の塩を加えた熱湯でゆがき、臭味を取っておきます。食べやすい大きさにカットしておきましょう。

2.合挽き肉を炒める

合挽き肉を炒めている様子

Photo by ako0811

鍋に薄く油(分量外)をひき、合挽き肉をポロポロになるように炒めます。このまま同じ鍋で肉じゃがを作るので、大きめのものを使ってください。色が変わって火が通ったら、バットに取り出しておきましょう。

3.野菜に調味料を加える

調味料を野菜に絡める様子

Photo by ako0811

鍋底についている肉の旨みは洗い流さず、こそぎとってそのままにしておきましょう。 鍋にじゃがいも、にんじん、玉ねぎを入れ、砂糖、みりん、酒を入れて絡めます。そのまま15分程度放置してください。

4.野菜を加熱する

野菜が入った鍋に水を足している

Photo by ako0811

調味料と絡めることにより、野菜から水分が出ます。これが野菜の旨味なのでそのまま煮汁として使います。水を1/2カップ足して煮始めます。
落としぶたと蓋をして煮ている様子

Photo by ako0811

最小限の水分で煮るので、水分が飛ばないように落としぶた(アルミホイルでもOK)、にさらに蓋をして弱火~中火で15分ほどコトコト煮ます。 ※最初にしょうゆを加えず、砂糖やみりんで煮ることで野菜がやわらかく、また味が浸みこみやすくなります。

5.合挽き肉としらたきを追加してさらに煮る

鍋にひき肉としらたきを加えている様子

Photo by ako0811

野菜に火が通ってやわらかくなったら、ひき肉としらたきを加えます。このとき、水分が飛びすぎているようであれば1/2カップ程度水を足してもよいでしょう。
鍋にしょうゆを加えている様子

Photo by ako0811

野菜からしっかり水分が出て濃い煮汁になります。しょうゆを追加し、落としぶたをしてさらに15分弱火で煮込みます。 鍋はゆする程度にしましょう。落としぶたをすることで具材も動かず、煮崩れしません。蒸気で加熱される形になるので野菜の芯までほっこり火が通りますよ。

6.調味してできあがり

鍋に入ったひき肉の肉じゃが

Photo by ako0811

蓋をはずし、煮汁を確認します。少し薄いようであれば、水分を飛ばすように軽く煮詰めて完成です。味が決まればそのまま蓋をしてじっくり、ゆっくり冷ますことで味がぐんぐん浸みこんでいきます。いただく際に、再度温めなおしてくださいね。
三つ葉を飾って盛り付けた肉じゃが白い器に盛り付けてある

Photo by ako0811

三つ葉を飾って色合いをよく盛り付けます。軽く塩ゆでした絹さややいんげん、グリーンピースなどを入れても華やかですね。 ※肉じゃがは2日目以降はぐんと味がなじんで、さらにおいしくなります。たっぷり作って翌日も楽しんでください。

ひき肉肉じゃがの人気アレンジ5選

1. 簡単!レンジでひき肉肉じゃが

コトコト煮て味をふくませて作る肉じゃがは時間がかかるイメージがありますが、レンジで簡単に作れるこちらのレシピなら、忙しいときでも手軽に挑戦できますね。味のポイントは、ごま油。コクが増し、おいしく仕上がりますよ。

2. めんつゆで味付け♪。変わり肉じゃが

肉じゃがに使う具材にトマトとアスパラ、エリンギをチョイス。珍しい組み合わせですが、トマト風味でさっぱりと食べられます。めんつゆを使うことで簡単に味が決まるので、なすやピーマンなど、さまざな具材で作ってみるのもおすすめですよ。

3. 圧力鍋で時短!ほっくり肉じゃが

煮物作りに大活躍するのが「圧力鍋」。たった数分加圧したらあとは放置。短時間で味が中まで浸み込みますよ。こちらは豚こま切れ肉を使用していますが、ひき肉でも作ることができます。焼肉のたれがアクセントになって、ごはんがすすむひと品。

編集部のおすすめ