覚えて損なし!洋食の定番マッシュドポテトの作り方とアレンジ5選

ステーキやハンバーグシチューやムニエル……ポテト好きには食べたりない気持ちになるくらいの添え物の定番マッシュドポテト。今回は基本の作り方と「添え物では物足りない!」という方におすすめのメインでも味わえちゃうレシピ5選をご紹介♪

2019年2月19日 更新

付け合わせの定番「マッシュドポテト」とは

マッシュドポテトは、ゆでたじゃがいもを潰したり濾して牛乳やバターを加えてなめらかなペーストにして練ったもの。ステーキやハンバーグ、ビーフシチューやグリルした魚介の付け合わせ、コロッケやグラタンにもなる欧米ではもっともポピュラーなじゃがいも料理です♪

マッシュポテトとは違うの?

日本でよく耳にするマッシュポテト(mash potato)ですが、実はマッシュドポテト(英:mashed potate=米:mashed potatoes)の和製英語で同じ食べ物です。海外旅行へ行った際にはマッシュドポテトと呼ぶのが正解ですね♪

基本のマッシュドポテトの作り方

茶色い深皿にたっぷり入ったマッシュポテトを木のスプーンですくっている。

Photo by MARI_kitchen

シンプルなものこそ奥深い。マッシュドポテトもそんな料理の一つかもしれません。使うバターや牛乳・生クリームによっても風味はさまざま。それぞれのお店の個性がでるように、自分なりのお気に入りのバランスを見つけて家庭の味を追求してみてはいかがでしょう♪

材料(3人分)

白いバットにじゃがいも2つとそれぞれ小さいガラスの器に入った材料。

Photo by MARI_kitchen

・じゃがいも……2個(220g)
・牛乳……50cc
・生クリーム……50cc
・バター……10g
・塩……ひとつまみ
・ホワイトペッパー……少々

作り方

小鍋に入ったじゃがいも2つとかぶるくらいの水。

Photo by MARI_kitchen

じゃがいもは洗って小鍋に入れ、かぶるくらいの水を注ぎ中火にかけます。湧いてきたら蓋をして弱火で30分ゆでザルにあげます。
ピンクのまな板の上に、皮をむいたじゃがいもが1つ。

Photo by MARI_kitchen

キッチンペーパーなどで抑えながら、熱いうちに皮をむきます。
こし器の上にのったじゃがいもを木べらで押している。

Photo by MARI_kitchen

皮をむいたじゃがいもを温かいうちにこし器やマッシャーで潰し、鍋またはフライパンにうつします。
鍋に入った潰したじゃがいもとバター・牛乳。

Photo by MARI_kitchen

潰したじゃがいもと、牛乳・バター・塩・ホワイトペッパーを入れ弱火にかけ混ぜながら水分を飛ばしていきます。仕上げに生クリームを加え滑らかに合わせて完成です。

マッシュドポテトの保存方法

銀色のバットにラップに包んだマッシュポテトが2つ。

Photo by MARI_kitchen

冷蔵庫で保存する場合は2日程度、冷凍保存の時には水分をしっかりと飛ばしたマッシュポテトに仕上げ1ヶ月程度を目安に食べ切りましょう。それぞれラップなどに平たくのばし、食べる間際にレンジで温めてて使うことで分離を防げます。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

オリーブオイルソムリエ / Mari O

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう