ホーローが電子レンジNGの理由とは?使い方や特徴も解説

つるんと見た目で耐食性もあり、保存容器としても人気の高いホーロー素材。電子レンジにかけていいかどうか、迷ったことがある方も多いはず。今回は、ホーローが電子レンジNGの理由に併せて、そのほかの加熱方法、電子レンジOKの素材もご紹介します。

2018年10月22日 更新

オーブンで温める

電子レンジとは違い、外から高温の熱を加えるオーブンでの使用は可能です。ホーローは保温性も高く、効率よく食材に熱を加えることができます。お料理のおいしさにも差が出るのだとか♪ 加熱後の料理も、ホーロー容器のままテーブルに運べば、アツアツの状態を長く保つことができますよ。

電子レンジを使いたいならほかの素材を!

電子レンジに使用できるのは、おもに陶器・磁器・耐熱性プラスチック・耐熱性ガラス・シリコンなどの素材でできたものです。プラスチックやガラスには耐熱性でないものがあるため、使用前に必ず"電子レンジOK"の表示を確認するようにします。 また電子レンジにかける際に使用するラップには、耐熱性のものとそうでないものがあるので、こちらも併せて確認するようにしましょう。 子ども用食器などの素材で人気のメラミン樹脂は、電子レンジに対応していないので注意が必要ですよ。

ホーローはなぜ電子レンジNGなのか、理由を覚えておこう

ホーローが電子レンジでの使用NGの理由は、ホーローの仕組みを知れば納得の内容でしたね。ホーローって、電子レンジにかけてよかった?だめだった?ふと、忘れてしまうこともあると思います。そんなときのために"ホーローは何でできているのか"を覚えておくと、きっとスムーズに判断ができますね。 ホーローは耐食性や耐熱性、保温性に見た目の美しさなど、使用メリットの多い素材です。メリットデメリットを抑えて、上手に使いこなしてくださいね。
▼おすすめのホーローアイテムはこちら
2 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS