「上用饅頭」って?名前の由来からお祝いにおすすめの商品5選まで♪

「上用饅頭を用意して」と頼まれたら、どんなお饅頭を買えばよいのでしょう?お祝い用に使われることの多い「上用饅頭」だけに、間違ったものを選びたくはないですよね。今回は「上用饅頭」とはどんなものか、おすすめの商品5選をご紹介します。

2018年10月25日 更新

通販でおすすめの「上用饅頭」5選

1. 室町時代から受け継がれた逸品「塩瀬総本家 志ほせ饅頭」

創業650年、薯蕷饅頭の生みの親「林浄因」の子孫「塩瀬総本家」の上用饅頭です。室町時代から受け継がれた老舗の味は、しっとりと上品。純白で小ぶりのビジュアルや落ち着きある「志ほせ」の焼印は、目上の方への贈り物に最適です。

2. 蕎麦風味の皮とふくよかな栗「京みずは 天上天鼓」

京都の和菓子店「京みずは」の「天上天鼓」は、蕎麦粉風味の薯蕷生地でこしあんと栗の甘露煮を包んでいます。丹波産の山芋・無着色のやわらかな栗・京都西山の良水で炊き上げたこしあんを使用。天皇陛下に献上されたこともある名品です。

3. 老舗店のかわいい本格派「笹屋昌園 ハート紅白まんじゅう」

結婚式の引き出物・誕生の内祝いや初節句に、ハート形のかわいい紅白饅頭はいかが?ふんわりやさしいピンクと白の薄皮には、丹波産つくね芋使用。老舗京菓子屋手作りの本格派なので、見た目だけでなく味にも自信ありの薯蕷饅頭です。

4. 茶道全国大会のお茶菓子「浜幸 白花栴檀」

高知県にある樹齢150年の栴檀の樹をモチーフに誕生した「白花栴檀」。上質な山芋と十勝産「えりも小豆」を使用した薯蕷饅頭はあっさりとした上品な味わい。国際線の機内茶菓や茶道の全国大会に使われたり、皇太子さま・雅子さまもご賞味された逸品です。
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

suncatch

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう