ライター : rieyutenji

フランスのアルプス地方在住24年。横浜出身の3子の母です。日本では編集部に勤務。渡仏後、執筆業に。でもデジタルな仕事には不慣れで、古い頭を掃除&改革中。フレッシュな気持ちと姿…もっとみる

クリスマスにおいしいチキンを焼こう♪

どうしてクリスマスにチキンを食べるの?

日本でクリスマスにチキンを食べるようになったのは、クリスマスツリーやクリスマスケーキでクリスマスを楽しむようになったのと同様。宗教には関係なく、アメリカの影響を受けています。

アメリカでは17世紀、原住民をはじめ多くのヨーロッパ系移民が、飢えを凌ぐために七面鳥を食べて生き延びられたことから、秋の感謝祭やクリスマスには七面鳥をローストして食卓を囲み、天に感謝したり祝福する風習が定着しました。そのため、本来クリスマスには七面鳥が食べられていたのです。

しかし、七面鳥の飼育が盛んではない日本では入手が困難。そこでチキンを使用するようになりました。

そして「クリスマスにはチキン!」をさらにポピュラーにしたのがケンタッキー・フライドチキンです。これにより、日本のクリスマスにローストチキンだけではなくフライドチキンも登場するようになりました。

クリスマスチキン(ローストチキン)の部位の名前

欧米の家庭ではクリスマス以外にも、人が集まるとローストチキン(鶏の丸焼き)をそのままドン!とテーブルに置き「どの部分を食べたい?」と、ひとりずつに尋ねながら切り分けていきます。 ・胸肉やササミなど胸部分(キール) ・手羽先(ウイング) ・あばら骨のまわり(リブ) ・腰回り(サイ) ・脚(ドラム)

フライパンで簡単!ローストチキンレシピ5選

1. ツヤツヤ!甘辛醤油チキン

Photo by macaroni

手羽元の骨の部分を持って、かぶりつくチキンは格別。こちらは大人も子ども大好きな、甘辛醤油ダレで焼いているレシピです。ミニサイズの手羽元でたくさん作って大皿に盛れば、立派なパーティーメニューに。クリスマス柄のナプキンでかわいく仕上げましょう♪

2. 簡単!漬け込みローストチキン

Photo by macaroni

大きな骨付き鶏もも肉も、ひと晩漬けておけばしっかり味が染み込みます。こちらのレシピは、自宅にある材料だけで簡単にできるのでおすすめです。チキンは皮目から焼くのがポイント。ひっくり返して蒸し焼きするときにじゃがいもやにんじんなどを一緒に焼けば、付け合わせも同時に完成する、一石二鳥なレシピです。

3. 焼き肉のタレで作るローストチキン

焼肉のタレで作る、簡単なローストチキンです。焼肉のタレに十分に味がついているので、水と砂糖で濃さを調整するだけでOK。大きな骨付き肉をうまく焼くコツは、焼く前にチキンにフォークで穴をあけましょう。とくに骨まわりにしっかりと穴をあけることで、しっかりと火が通るようになります。
Photos:11枚
手羽元のローストチキンとブロッコリーが大皿に盛られている様子
白い容器に入ったタレに漬けこまれた骨付き鶏もも肉
黄色の水玉模様のお皿に盛られた焼き肉のタレのローストチキン
お皿に盛られた赤いソースの骨付きローストチキンと付け合わせの野菜
白いお皿に盛られたアンチョビとハーブのローストチキン
白いお皿に盛られたにんにく生姜のローストチキン
白い大皿に盛られた鳥の丸焼き
白いお皿に盛られたマスタードカレーのチキンフリット
白いお皿に盛られたレタスの上にのったクリスピーチキン
黒いお皿に盛られた韓国風スパイシーチキン
木製のお皿に盛られたモチコチキン
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS