プレッツェル

腕をくんだように生地を結んでいくプレッツエルは、日本国内に専門の店舗ができるほど人気のドイツパンです。小麦粉、イースト、塩、水を使ってノンオイルで仕上げるのでとてもヘルシー。 表面には岩塩をまぶすのが一般的で、ほどよい塩加減とか噛めば噛むほどあま味が出る自然な食感がクセになります。

シュトーレン

ドイツでは11月の終わりごろから、クリスマスに向けてシュトーレンを作る習慣があります。牛乳、バター、砂糖、マジパン、ラム酒漬けのドライフルーツを使って焼き上げてあとは表面にたっぷり粉砂糖がまぶされています。日本国内ではパン屋さんやケーキ屋さんがその店の自慢の商品をクリスマス前に販売するようになりましたよね。

アインバック

アインバックはスティックパンをひと続きにして焼き上げる意味があります。パーティなどではそのまま提供してゲストがそれぞれちぎって食べる文化があるのですよ。その味はとてもふんわりした仕上がり。バターや砂糖や卵をたっぷり使うことで風味もリッチなパンに。

ドイツパンのおすすめの食べ方

ドイツパンは、ライ麦を使うパンが多いことから酸味が強いものがたくさんあります。おすすめの食べ方はオードブルやサンドイッチ、ディップなどを使って食べる方法です。パンに合わせてさまざまな食材を組み合わせてパンの酸味をたっぷり利用していきましょう。次はおすすめの食べ方を5つご紹介します。ぜひ、活用してみてくださいね。

ドイツパンのおすすめレシピ5選

1. 大晦日に食べる伝統食、ベルリーナ

ドイツでは大晦日に食べる文化があるといわれているベルリーナ。小麦粉や強力粉などを中心に生地を作って発酵、焼成し、なかにたっぷりラズベリージャムを入れていきます。粉砂糖をまぶしてあま味たっぷりのひと皿に。

2. 鶏むね肉と豆腐のパテ アボカドのバラを添えて

ホームパーティーなどのおもてなし料理にぴったりな、ドイツパンのアレンジレシピです。アボカドを薄くスライスして重ねるように巻きつけていくと、まるでバラのようになるんですよ。彩り鮮やかな食材をドイツパンにのせて、めしあがれ!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS