豆腐ハンバーグをおいしく冷凍!おいしく保存する2つのコツ♪

豆腐ハンバーグはハンバーグのタネに豆腐を混ぜ込んだものです。豆腐は冷凍できませんが、豆腐ハンバーグにすることで冷凍可能に!今回は、豆腐ハンバーグを冷凍・解凍するときのコツと解凍後においしく食べられるレシピをご紹介します。

2018年11月30日 更新

豆腐ハンバーグは冷凍できる?

通常ハンバーグはミンチにつなぎを入れて作りますが、豆腐ハンバーグはミンチの半量程度を豆腐に置き換えて作るメニューです。豆腐は、崩れやすいのでつなぎには片栗粉を使うことも。しかし、豆腐に置き換えた分、カロリーも抑えられ植物性たんぱく質も補給できるので、女性やダイエッターさんにも人気です。

冷凍するには豆腐の「水切り」がポイント!

豆腐ハンバーグ冷凍のコツは、豆腐をきっちりと水切りすること。

豆腐は100g中の水分量が木綿豆腐で86.8g、絹ごし豆腐で89.4gです。そのまま使ってしまうとつなぎを入れてもうまく固まりませんし、焼いた後も水分がにじみ出てしまいます。そして、解凍するときに中の水分が分離、べちゃっとしておいしさも損なわれます。

冷凍用豆腐ハンバーグの作り方

豆腐ハンバーグも冷凍庫で常備できれば、お弁当やひと品足りない時に大活躍します。冷凍を前提に作るには、やはり豆腐の水切りがポイント!基本的なレシピと、しっかり簡単に水切するコツを説明していきます。

材料(4人分)

・豆腐…1丁(400g)絹でも木綿でも!
・ミンチ…200g~400g 豆腐の半分以上あった方がうまく仕上がります。
・玉ねぎ…200g
・卵…1個
・パン粉…1/2カップ
・片栗粉…大さじ1~2
・塩…適量
・コショウ…適量

作り方

1. 豆腐はキッチンペーパーに包み重しをかけ水切りをする
2. 玉ねぎはみじん切りにし、炒めて冷ましておく
3. 下ごしらえした豆腐、玉ねぎなどすべての材料をボウルに入れてしっかりとこねる
4. 通常のハンバーグよりはタネはやわらかめ。水気が浮いてくるようなら片栗粉で調整する
5. 小判型に成形したら、フライパンに油を敷き、両面をしっかり焼き中まで火を通す

作るときのコツ
・タネは通常のハンバーグよりわらかめ。成形しにくかったり、水気が浮いてくるようなら片栗粉で調整しましょう。
・ハンバーグよりも小さめに作ると、崩れにくく保存しやすくなります。

豆腐水切りの裏ワザ

豆腐の水きりの裏ワザとして、豆腐をひと晩冷凍してしまう!という方法も。作る前日にパックに入ったままの豆腐を冷凍庫に入れます。解凍は冷蔵庫で5時間程度かけるか、面倒ならレンジで5分程度加熱しても◎

解凍後の冷凍豆腐はしっかりと手でしぼってくださいね。ミンチと混ぜるのでぽろぽろになっても大丈夫です。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう