ミルクの合わせ技でなめらか。材料4つの「自家製チーズ」レシピ

ほどよい酸味とコクが楽しめるリコッタチーズ。リコッタチーズは様々な食材と合わせやすいため、おかずからスイーツまで幅広く活用できるのが魅力。実は、身近な材料で簡単に手作りできるのです!今回は「自家製リコッタチーズ」の作り方をご紹介します。

2018年7月25日 更新

生地とトッピングに、リコッタチーズをダブルでたっぷり使おう! 「リコッタチーズのふわしゅわパンケーキ」

カフェで人気の、リコッタチーズのパンケーキを家でも作ってみよう。フレッシュな自家製リコッタチーズを使って生地を作ると、格別のおいしさに仕上がる。今回の生地は、小麦粉の代わりに米粉を使ってグルテンフリーに仕上げる。

材料(4枚・2人分) ※直径24cmのフライパンを使用

《パンケーキ生地》
・卵黄 … 2個分
・リコッタチーズ … 80g
・[A]米粉 … 40g
・[A]ベーキングパウダー … 小さじ1
・卵白 … 3個分
・塩 … ひとつまみ
・きび砂糖 … 大さじ2
・バター … 20g

《トッピング》
・リコッタチーズ … 80~100g
・お好みのフルーツ(いちごなど) … 適量 
・メープルシロップ … 適量 

作り方(調理時間:30分)

① ボウルに卵黄、リコッタチーズを入れて混ぜ、上からAをふるい入れ、全体をゴムベラでムラなく混ぜる。

② 別のボウルに卵白と塩を入れ、氷水にあてながら高速のハンドミキサーで泡立てる。全体が白っぽくなるまで泡立てたら、きび砂糖の1/3量を加えてよく混ぜる。残りのきび砂糖を2回に分けて加え、持ち上げたときにツノが立つようなメレンゲになるまで泡立てたら、低速にしてさらに10秒ほど泡立てる。

③ ②を1/4量ずつ①に加えてその都度混ぜる。
<ポイント>
※最初の1/4量は、生地とメレンゲが一体化(メレンゲが見えなくなる)くらい混ぜてなじませる。2回目以降は泡をつぶさないように、ゴムベラで切るようにさくっと混ぜる(1回あたり3~5回程度が目安)。

④ フライパンを中火で熱し、フライパンが温まったら、いったん濡らした布巾の上に置く。バターを入れて弱火にした火元へ戻す。③の1/4量を注いだら蓋をし、きつね色になるまで約3分焼く。

⑤ 裏返して蓋をし、裏面もきつね色になるまで約3分間焼く。

⑥ ⑤を器に盛りリコッタチーズをたっぷりトッピングし、お好みのフルーツを添える。
食べるときにメープルシロップをかける。
フレッシュな味わいがたまらない自家製「リコッタチーズ」と朝ご飯やブランチにオススメの簡単アレンジレシピを紹介した。

自家製リコッタチーズは手作りならではの特別感があるため、今回ご紹介したレシピはおもてなしの1品としてもぴったり。たった4つの材料で簡単に作れるので、ぜひ気軽に挑戦してみてほしい。
【レシピ制作者プロフィール】
管理栄養士・料理研究家 五十嵐ゆかり

「楽うまヘルシーな時短ごはん」をモットーに、糖質オフやグルテンフリー、減塩、発酵食品を料理にプラスしてグンとおいしくするコツなど、日々の暮らしに取り入れやすいヘルシーレシピを提案している。
フードクリエイティブファクトリーでは、食のクリエイティブディレクターとして年間500を超える食の企画をWEB媒体や食品企業に提供し、企画~レシピ開発、栄養監修までをトータルに行う。
企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、講演、イベント出演、料理教室など、多方面で活動中。 著書に『食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖』や『発酵いらずのちぎりパン』、『塩レモンでつくる基本のおかず』など。
Twitter:https://twitter.com/igarashi_yukari
運営レシピサイト グルテンフリーLIFE:https://glutenfree-life.com/
Blog:http://lineblog.me/igarashiyukari/

【調理・撮影】
フードクリエイティブファクトリー
「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、
イベントなどを手がけています。
HP:http://foodcreativefactory.com/
Twitter:https://twitter.com/fcf_staff?lang=ja
Instagram:https://www.instagram.com/foodcreativefactory/
提供元:
2 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

dressing

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう