ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

煮干しだしの基本の取り方

Photo by uli04_29

煮干しだしの特徴は、パンチのある風味とうまみ。複雑な味わいが煮物やお味噌汁のおいしいベースになってくれます。まずは、煮干しの下処理方法と煮出してつくる煮干しだしの基本の取り方をマスターしましょう。

煮干しの下処理

1. 頭を取る

Photo by uli04_29

煮干しの頭を手で折って取ります。

2. わたを取り出す

Photo by uli04_29

お腹側にあるわたを指で引っ張るようにして取ります。取りにくい場合は背中から煮干しを縦に裂いて、お腹にあるわたを取りましょう。

3. 頭とわたがとれた部分をだし汁に使う

煮干しの頭とわたを取り除いた部分、頭からしたからしっぽまでをだし汁を作るときに使います。

材料(500ml分)

Photo by uli04_29

・水……500ml ・煮干し……10gほど ※煮干しの大きさによって重さが大きく違ってくるので、普段使う煮干しのサイズと重さを把握しておくと便利です。

だしの煮出し方

1. 煮干しを水と鍋に入れて30分ほど置く

Photo by uli04_29

下処理した煮干しを鍋に入れ、水を注ぎます。そのまま常温で30分以上置いておきましょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS